イギリス旅行

イギリス土産にもなる!スコッチ・ウイスキーの魅力

イギリス名産のスコッチ・ウイスキーは、ストレートやロック、水割りなどさまざまな飲み方で楽しめます。銘柄もバルヴェニー、マッカラン、タリスカー、バランタイン、ジョニーウォーカーなど多様なものが選べ、それぞれ個性あるラインアップが展開しています。

バーでグラスを掲げよう!イギリスでウイスキーを

イギリスは料理やデザート、ビールに加え、ウイスキーの国としても有名です。特に北部スコットランドでつくられるスコッチ・ウイスキーは、5大ウイスキーにも数えられる世界的なウイスキーです。日本では朝のドラマで取り上げられたスコッチ・ウイスキーは、イギリスでも初心者からウイスキー通まで多くの人々に愛されています。

スコッチ・ウイスキーのおいしい飲み方

ストレート

ウイスキーそのままの香りや味わいに触れるなら、ストレートでいただきましょう。少しずつ含ませながら、口の中に広がる風味をゆっくり楽しみます。チェイサーと交互に飲むことで、一口一口しっかりとウイスキー本来の味わいを楽しめます。

ミスト

砕いた氷をたっぷり入れたグラスにウイスキーを注ぎ、レモンを搾り入れて飲むのがミストです。レモンの酸味とのハーモニーが楽しめ、ウイスキーの風味に慣れない初心者でも楽しめる飲み方です。

ハイボール

ウイスキーをソーダで割ったハイボールは日本でもすっかりおなじみの飲み方ですね。炭酸の清涼感を味わえ、ウイスキーの甘みや香りがいっそう引き立ちます。レモンを入れたり、ソーダの代わりにジンジャーエールを使ったりと、アレンジの幅が広いこともポイントです。カクテルベースとしても活躍します。

水割り

お酒が弱い人は、水で割った水割りでいただきましょう。飲み口がまろやかになるのが特徴です。濃さを調整できるので、料理やおつまみとも合わせやすい飲み方です。

ロック

ウイスキーに大きめの氷を入れる飲み方が、ロックです。ロックの魅力は、時間がたつごとに氷が溶け出し、グラスの中の光景と徐々に変化していくウイスキーの風味が楽しめるところです。

おすすめ銘柄

バルヴェニー

バルヴェニーは、自家製の大麦を使ったシングルモルトウイスキー。メジャーな蒸留所であるグレンフィディックの第2蒸留所として創業し、ダブルウッド、カリビアンカスク、ポートウッドといったラインアップをそろえます。シェリー樽やワイン樽を積極的に使い、いずれも蜂蜜のような味わいやまろやかなコクが特徴です。

マッカラン

スペイサイドの大自然の中でつくられるマッカランは、日本でも人気の銘柄です。選び抜いた樽の風味が強く反映されるラインアップは、スパイシーな飲み口や華のある香りがウイスキー通の支持を得ています。

タリスカー

大西洋にあるスカイ島の海辺で蒸留されるタリスカーは、いかにも男性的な味わいが特徴です。特にこしょうを思わせるスモーキーな味わいは、タリスカーならではの個性になっています。

バランタイン

スコッチ・ウイスキーと言えばシングルモルトが有名ですが、ブレンデッド・スコッチであるバランタインは、ブレンデッドならではの複雑で奥行きある香りと味わいが魅力です。ロックはもちろんハイボールで飲んでも、豊かな風味と華やぎをいっそう楽しめます。

ジョニーウォーカー

広告でもよく見かけるジョニーウォーカー。世界的に有名なこのウイスキーは、ブレンデッドならではの深みと、すっきり軽やかな口当たりと、飲んだ後のスモーキーな余韻が人気の秘密です。

ウイスキーの飲み比べを楽しもう

一口にスコッチ・ウイスキーと言っても、銘柄や飲み方によって味わいは異なります。蜂蜜のように甘い風味のウイスキーから、スパイシーでスモーキーな大人のウイスキーまで、本場イギリスで飲み比べてみるのも楽しいでしょう。

※本記事は2017年4月時点の情報です

イギリス旅行を探す

更新日:2018/09/21

イギリス旅行を検索する

イギリスの海外旅行情報と格安航空券情報

ページトップへ