アメリカ旅行

アメリカのカジノに挑戦! ラスベガスのおすすめホテルとマナーについて

アメリカを旅するなら、カジノを体験するのもまた一興。誰もが認めるギャンブラーの聖地ラスベガスで、ゲームを楽しんではいかがでしょうか。21歳を過ぎたら、カジノ入場の年齢制限クリア。「ベネチアン」や「ミラージュ」など、現地の熱気に包まれれば、一歩踏み込んだ勝負を仕掛けられるかもしれません。ただし、マナー厳守は鉄則ですよ!

アメリカでカジノといえば、ラスベガス

カジノの街、ラスベガス

世界最大級のカジノの街として有名なのは、なんといってもラスベガス! ほとんどのカジノは24時間年中無休で営業、コンビニやガソリンスタンドにまでスロットを設置するなど、環境作りも徹底しています。

スロットマシン

ラスベガスでは、ほぼ全てのホテルにカジノを併設しています。街中に出なくてもプレイできるので、お目当てのカジノのあるホテルに滞在して、時間の許す限りカジノを満喫するのもいいですね。

特に観光客に人気のカジノでは、初心者におすすめのゲームが充実しています。数字をそろえる「スロットマシン」やボールが落ちる枠を当てる「ルーレット」なら、気軽に楽しめてビギナーズラックの可能性も大です!

ラスベガスのおすすめカジノ6選

ザ・ベネチアン・ラスベガス

ハイリミットセクション(高額プレーヤー用のマシンを並べたスペース)や個室カジノが充実しており、大胆なゲームを楽しみたい方に最適。スロットマシンも2,400台以上完備しており、ビギナーも楽しみやすいカジノです。

服装は自由と解放的な雰囲気で、プール帰りに水着のまま訪れる人もいるそうですよ。

ザ・ベネチアン・ラスベガス(The Venetian Las Vegas)
  • 【URL】https://www.venetian.com/
  • 【住所】3355 Las Vegas Blvd.South, Las Vegas
  • 【アクセス】マッカラン国際空港から車で約13分

ザ・パラッツォ

一般客が利用する「平場カジノ場」に加え、ハイリミットセクション・ブックメーカースタンドを設置。ベネチアン同様、服装は自由です。マックスベット2万ドルのバカラテーブルがあるので、思う存分に勝負できます。

スロットマシンは、1,400台以上設置されています。ルーレットテーブルも盛況なので、どんどん参加してゲーム感覚をみがきましょう。

ザ・パラッツォ(The Palazzo)
  • 【URL】http://www.palazzolasvegas.com/
  • 【住所】3325 Las Vegas Blvd. South, Las Vegas
  • 【アクセス】マッカラン国際空港から車で約14分

ウィンラスベガス

ゴージャスな内装から最低の賭け金が高そうに見えますが、ミニマムベットが15ドルの台も用意されています。スリーカードやカリビアンスタッド等6種類のポーカーをテーブルで展開。電子テーブルのポーカーもあります。

スロットマシンは2,000台以上。プールが併設されているので、カジノでヒートアップしたら、プールに入ってクールダウンするのもいいですね。

ウィンラスベガス(Wynn Las Vegas)
  • 【URL】http://www.wynnlasvegas.com/
  • 【住所】3131 Las Vegas Blvd. South, Las Vegas
  • 【アクセス】マッカラン国際空港から車で約13分

ミラージュ

テーブルゲームの豊富さが自慢のカジノ。ルーレットや、カジノウォー、ビッグシックス等のレアなゲームも展開しています。スロットマシンは、1スピン1セントのものから1スピンなんと500ドルのものまで用意されています。

初心者からカジノの常連者まで、とことん楽しめるのがうれしいポイント。ホテルで飼っているホワイトタイガーも一見の価値ありです。

ミラージュ(The Mirage)
  • 【URL】https://www.mirage.com/en.html
  • 【住所】3400 Las Vegas Blvd. South, Las Vegas
  • 【アクセス】マッカラン国際空港から車で約13分

ベラージオ

ベラージオの噴水ショー

約4,500坪の広さで、ラスベガス最大規模のカジノ。ワールドポーカーツアーの予選会場に使われていることで有名で、ポーカーファンならぜひ訪れたいスポットです。ポーカートーナメントは毎日開催! 腕自慢の猛者たちが集まっています。

スロットマシンは2,000台以上あり、1セントからプレイできるので安心です。名物の噴水ショーも必見です。

ベラージオ(Bellagio)
  • 【URL】https://www.bellagio.com/en.html
  • 【住所】3600 Las Vegas Blvd. South, Las Vegas
  • 【アクセス】マッカラン国際空港から車で約11分

ニューヨーク・ニューヨーク(New York-New York)

ニューヨーク・ニューヨーク

ブラックジャックとポーカーが主体のフロア展開。ラスベガスでバカラといえばVIPルームの遊びというイメージですが、こちらでは一般客用の平場フロアでミニバカラを堪能できます。

スロットマシンは、定番の「モノポリー」から最新型の「バットマン」まで導入。長時間いても飽きのこないラインアップです。

ニューヨーク・ニューヨーク(New York-New York)
  • 【URL】https://www.newyorknewyork.com/en.html
  • 【住所】3790 Las Vegas Blvd. South, Las Vegas
  • 【アクセス】マッカラン国際空港から車で約10分

覚えておきたいマナー

カジノではマナー厳守!

“大人の社交場”といわれるカジノでは、マナー厳守。 ルールをやぶると、退出を告げられることもあります。難しい決まりはありませんが、事前にしっかりと覚えてルールは正しく守りましょう。

マナーを守ることは、周りへの思いやりを示すことにもつながります。正しいマナーで遊べば、勝利の女神から恩恵を受けられるかもしれませんよ。

年齢制限

ラスベガスのカジノは、21歳から入場可能。いつでも年齢を証明できるよう、パスポート等の身分証を持ち歩くことが必須です。特に日本人は幼く見えてしまうことがあるため要注意です。

場所にもよりますが、年齢制限をクリアした保護者が一緒でも子どもは入場禁止。でも退屈することはありません。周りにはゲームセンターや遊園地などがあり、子ども連れでも十分に満喫できます。

ドレスコード

ヨーロッパカジノのドレスコードはフォーマルな服装ですが、ラスベガスはカジュアルでOK。プールが併設されている場所では、水着の上にTシャツという格好でも許されるようです。

ただし、場所によっては短パンやサンダル等あまりにもラフなファッションだとNGの場合も。露出を抑えた服装を心がけるのがベターですね。

ゲーム中に注意すること

カジノ内は撮影行為NGなので要注意。SNSに投稿したくても、グッと我慢しましょう。

また、ディーラーやサーブスタッフにチップを渡すのが常識です。金額は1~5ドル程度が相場といわれています。ゲームに勝って手にした金額が大きい場合は、その5~10%をチップに還元すると良いでしょう。手渡しはマナー違反となるので、テーブルの上に置くようにしましょう。

※本記事は2017年9月時点の情報です

アメリカ旅行を探す

更新日:2018/06/23

アメリカ旅行を検索する

アメリカの海外旅行情報と格安航空券情報

ページトップへ