オーストラリア旅行

オーストラリアの観光ビザは必要? 申請方法や注意点まとめ

オーストラリアに行くときは、たとえ短期の観光であっても観光ビザの取得が必要です。短期観光のときに取得するビザは「イータス(ETAS)」です。ここでは、ETASの申請方法や料金、注意点を紹介します。日本から申請することもできるので、オーストラリア出発前に忘れずに申請しましょう。

オーストラリアは短期観光でもビザが必要!

旅行を決めたら、ETASを確認しよう

オーストラリアに観光目的で訪れる場合は、イータス(ETAS:ELECTRIC TRAVEL AUTHORITY SYSTEM)という電子タイプの渡航許可ビザが必要です。

ETASを取得することによって、3カ月までの短期観光や、ビジネスを目的とした短期滞在が可能になります。

申請方法は? 日本でも申請できる?

旅行を決めたら、ETASを確認しよう

ETASは日本で申請できます。前述のとおりオーストラリア政府移民局のページから申請する方法のほか、航空会社や旅行代理店を通じてETASを申請する方法もあります。航空会社や旅行代理店で予約した際には、ETASのことも忘れずに確認しておきましょう。

申請代行を依頼する場合、申請の手間が省けて便利ですが、その場合はシステム利用料の他に登録代行料もかかるのでご注意ください。

イータス(ETAS)の取得方法と申請機関

ここからは、自分自身でETASを取得する方法について説明します。インターネットを使って自宅から申請することができるので、オーストラリア旅行の前に必ず行うことを忘れないようにしましょう。

日本語での案内もあるので、英語に不安がある方でも難しくありません。

申請方法

ETASはオーストラリア政府移民局のページから申請できます。オーストラリア政府移民局のページにアクセスし、言語選択ボタンで「日本語」を選び、必要事項を選択・入力して申請手続きを進めてください。

オンラインで観光ビザを申請するには、パスポートとメールアドレスが必要です。支払いに利用できるのはクレジットカードのみなので要注意。

申請料金

ETASの申請料金は無料です。ただし、オーストラリア政府移民局のページから申請する際に、システム利用料として1回の申請につき20オーストラリアドルかかります。

万が一誤った情報でETASを取得してしまった場合は、正しい内容で再度ETASを取得しなければなりません。その場合は再度システム利用料がかかるので注意してください。

登録証明

ETAS申請が許可された場合、公式サイトで発給を確認できますが、別途登録証明が出るわけではありません。

空港のチェックインや入国時にETAS発行通知を提示する必要はないので証明書がなくても問題ありませんが、心配な場合は念のため発給確認画面をプリントアウトして持参しておくことをおすすめします。

ETASを申請しなかった場合、どうなる?

うっかり忘れにご用心

もし、ETASを取得するのを忘れてオーストラリアに入国しようとすると、入国に時間がかかったり、入国が拒否されたりする場合があります。

航空券や宿泊先などの手配を終えてほっとして、ETASの手配をうっかり忘れないように気をつけましょう。

※本記事は2017年9月時点の情報です

オーストラリア旅行を探す

更新日:2018/06/23

オーストラリア旅行を検索する

この記事のキーワード

オーストラリアの海外旅行情報と格安航空券情報

ページトップへ