バンコク旅行

バンコクから行ける世界遺産、アユタヤの見どころはココ!

バンコクから気軽に行ける世界遺産として知られるアユタヤをはじめ、タイには2つの自然遺産と3つの文化遺産があります。バンコクから北へ約80kmに位置するアユタヤ遺跡は、タイの有名な世界遺産であり、ぜひ訪れてほしいスポットです。

バンコク近郊の世界遺産・アユタヤ遺跡の見どころ

ワット・ロカヤ・スターラーム

バンコクからアユタヤへは車で約1時間半、見どころをおさえて、世界遺産を楽しむ旅へ出かけましょう。

ワット・プラ・シーサンペット

ワット・プラ・シーサンペット

1448年に建設された寺院。シンボルの東西に並ぶ3基の仏塔は、当時のトライローカナート王とその王子たちの遺骨が埋葬されていたものです。

本堂に納められている仏像は、寺院の名前にもなっている「プラ・シーサンペット」。ビルマ軍による侵略により残念ながら一度は破壊されてしまいましたが、戦後に修復され今の姿になりました。

ライトアップされた美しいアユタヤ遺跡

寺院は夜ライトアップされ、幻想的な美しい光景を見ることができます。

ワット・プラ・シーサンペット(Wat Pra Srisanpet)
  • 【URL】https://www.thailandtravel.or.jp/wat-pra-srisanpet/
  • 【住所】Amphur Muang, Ayutthaya 13000

ワット・マハタート

ワット・マハタートの仏頭

木の根元に埋まった仏頭で知られる有名な寺院。13世紀ごろに建立されたといわれ、かつては塔の頂上が黄金に輝いていたと言われるほど美しい寺院でした。

戦争の歴史を物語るワット・マハタート

しかしビルマ軍の侵略によって、寺院は破壊され、現在は頭部のない仏像や、礼拝堂の土台などが残る廃墟となっています。1956年の修復の際に採掘された黄金仏や宝飾品は、チャオ・サン・プラヤー国立博物館に展示されています。

ワット・マハタート(Wat Phra Mahathat)
  • 【URL】https://www.thailandtravel.or.jp/wat-phra-mahathat/
  • 【住所】Tha Wasukri Phra Nakhon Si Ayutthaya

ヴィハーン・プラ・モンコン・ボピット

ヴィハーン・プラ・モンコン・ボピット

赤の屋根と白の壁の色調が美しい寺院。本堂に安置されている、高さ17mとタイ最大級のブロンズ製の仏像からは、1951年の修理の際に何百体もの小さな仏像が発見されたことで有名です。

アユタヤの中心地の中で、特に参拝者の多い寺院として地元の人から慕われており、寺院の周りには土産物屋やろうそく、花などを売る屋台でいつもにぎわっています。

ヴィハーン・プラ・モンコン・ボピット(Viharn Phra Mongkol Bopit)
  • 【URL】https://www.thailandtravel.or.jp/viharn-phra-mongkol-bopit/
  • 【住所】Pratuchai Phra Nakhon Si Ayutthaya, 13000

ワット・ロカヤ・スターラーム

高さ5メートルの巨大な寝釈迦像

高さ5メートル、全長28メートルの巨大な涅槃仏。広大な草原に優しい笑みを浮かべ、ゆったりと寝そべる姿は、80歳で入滅した仏陀を表現しています。

ビルマ軍の侵略後、寺院ともに破壊されましたが、タイ芸術局により1956年に復元。この場所には寺院などの建物は残っていませんが、この仏像を見るだけで心が穏やかになり、浄化されるような気持ちになることでしょう。

ワット・ロカヤ・スターラーム(Wat Lokaya Sutharam)
  • 【URL】https://www.thailandtravel.or.jp/wat-lokaya-sutha/
  • 【住所】Pratuchai Phra Nakhon Si Ayutthaya Amphoe Phra Nakhon Si Ayutthaya

バンコクからアユタヤへのアクセス

鉄道で行くには?

フアランポーン駅

バンコクのフアランポーン駅からアユタヤ駅行きの列車が出ています。始発駅のフアランポーン駅までは、市内を走る地下鉄(MRT)やスカイトレインを利用すると便利です。

アユタヤ駅

列車は特急や快速など種類があり、座席も2等(指定席・エアコン付)、3等(自由席・エアコンなし)があります。旅行の日程や予算に合わせて選びましょう。

ただし日本ではないので、発着時間のズレは覚悟して。特急列車で所要約1時間半、普通列車でも2時間ほどでアユタヤに到着します。

ロットゥーとタクシーどちらがお得?

タクシーやロットゥーという乗り合いのミニバスで行けば、約1時間半でアユタヤに到着します。一人旅の場合は交通費の安いロットゥーがおすすめですが、乗り合いなので人数が多い場合は少し窮屈な移動になることも。

大人数であれば、タクシーを1日チャーターして利用するのがおすすめです。街中でタクシーを捕まえると、ぼったくりに合う可能性もあるので、乗車する前に値段を交渉のうえで利用するように気をつけましょう。

ツアーを利用してみる

旅の思い出を作ろう

快適に効率よく旅を楽しみたいのならツアーがおすすめ。人気の観光地なので、ツアーのプランも豊富です。

象乗り体験

昼間の観光ではアユタヤ遺跡のほか、水上マーケットや象乗り体験が付いたプランがあり、夜のツアーでは遺跡のライトアップ散策などのユニークなプランも。現地で急にツアーを申し込みたいと思ったら、ガイド付きのタクシーをチャーターするのも良いでしょう。

アユタヤ観光の注意点

アユタヤ観光を楽しもう

アユタヤでは、遺跡群や史跡観光における服装規定はありませんが、現在でも参拝されている寺院などでは存在します。仏教文化が根付く場所への訪問となるため、過度な肌の露出や派手な服装は避け、長そでシャツや長ズボンを持参しましょう。

熱帯気候であり一年を通して気温が高く、日差しも強いため、日よけ対策も兼ねて羽織りものを持ち歩くのもおすすめです。

※本記事は2017年11月時点の情報です

バンコク旅行を探す

更新日:2018/05/26

バンコク旅行を検索する

この記事のキーワード

タイのまとめ

バンコクの海外旅行情報と格安航空券情報

ページトップへ