メルボルン旅行

メルボルンのビーチでリゾート気分満喫! おすすめのスポットとアクセス方法まとめ

ポート・フィリップ湾に面したメルボルンには、すてきなビーチがいくつもあります。都心からアクセスが良いスポットなら、観光ルートに組み込みやすくて便利。世界中から集まった人々でにぎわうビーチへ足を運べば、バカンスの解放感が高まりますよ!

メルボルンに来たならビーチまで足をのばそう

メルボルン郊外には遊べるビーチがいっぱい

海に面したメルボルンには、遊べるビーチがいっぱい! 都心からは少し距離がありますが、最高にエキサイティングなバカンスを過ごせるので、せっかくなら足をのばしたいもの。ビーチはそれぞれ違う魅力があって、とても個性的。お好みのビーチを選んで、リゾートを満喫しましょう。

メルボルンから行けるビーチはココ!

時間が限られた観光客には、中心街からのアクセスもよく、見どころも満載のビーチが人気です。メルボルンからメトロやトラムなどの交通機関を利用して行けるビーチをご紹介します。

ブライトンビーチ

カラフルなビーチハウスがいっぱい!

ブライトンビーチは、「アッパーブライトンビーチ」「ミドルブライトンビーチ」「デンディストリートビーチ」3つの総称です。

その中でも人気なのが、ベーシングボックス(Bathing Box)とよばれるカラフルな小屋。浜辺にずらりと並んでいて、お気に入りの小屋をみつけては、写真撮影する観光客も少なくありません。

フォトジェニックな1枚に仕上がること、間違いなしです。

ブライトンビーチ(Brighton Beach)
  • 【アクセス】メルボルンの「Flinders Street」駅からメトロ「Sandringham」線に乗車、25分ほどでビーチの最寄り駅「Brighton Beach」に到着します。降りたら、徒歩10分ほどでカラフルな浜辺が見えます。

セントキルダビーチ

セントキルダビーチ

遠浅の海が広がる美しいビーチ。レストランやカフェが立ち並び、ビーチ沿いはとてもにぎやかです。沖まで伸びる長い桟橋を渡ると、海上レストランもあります。

その裏には、ペンギンが立ち寄る岩場が。運が良ければ、世界最小種のリトルペンギンに会えるかもしれません。オーストラリア最古の遊園地・ルナパークが隣にあるので、アトラクションで遊ぶこともできます。

セントキルダビーチ(St Kilda Beach)
  • 【アクセス】メルボルン中心街から向かうには、トラムが便利。発車して30分ほどで、トラムストップ番号138「Luna Park/The Esplanade (St Kilda)」に到着します。駅で降りれば、ルナパークが目の前に。歩けばすぐにビーチへアクセスできます。

ポートメルボルンビーチ

ゆったりとリゾート気分を楽しみたいなら、ポートメルボルンビーチがおすすめです。

こぢんまりとした港を擁するこちらのビーチは、マリンスポーツを楽しむ人が多く、いかにもリゾートな雰囲気。砂浜が広いので、ビーチバレーもできそうです。

おなかがすいたら、お散歩がてら商店街へ。レストランやカフェでパワーをつけましょう。

ポートメルボルンビーチ(Port Melbourne Beach)
  • 【アクセス】都心部からは、109番のトラムで向かいます。20分程で、終点の「Port Melbourne」へ到着。降り立つと、ビーチが広がっています。

モーニントン半島・ソレント

のんびりリゾート気分を味わうならソレントへ!

ポート・フィリップ湾とバス海峡に挟まれた半島の街・ソレントには、2つのビーチがあります。

湾側のビーチは穏やかで、海の向こうに山が見えるのが魅力。一方海峡側のビーチは、海沿いが崖になっていることもあり、波は荒めです。泳ぐのはハードかもしれませんが、崖の上にトラックが作られておりウオーキングを楽しむことができます。

モーニントン半島・ソレント(Sorrent/Mornington Peninsura)
  • 【アクセス】アクセスはやや複雑。メルボルンの「Flinders Street」駅から「Frankston」線に乗って終点の「Frankston」駅へ(所要約1時間)。そこから路線バス788で1時間半ほど揺ら
  • れると、ソレントの街に着きます。ビーチ近くへ行くには、自然公園行きのバスを利用するのがおすすめです。

※本記事は2017年9月時点の情報です

メルボルン旅行を探す

更新日:2018/09/26

メルボルン旅行を検索する

この記事のキーワード

おすすめのまとめ

メルボルンのカテゴリ一覧

メルボルンの海外旅行情報と格安航空券情報

ページトップへ