フィリピン旅行

フィリピン旅行のお役立ち情報・フライト時間まとめ

日本からフィリピンへのフライト時間は、直行便で5時間から6時間、乗り継ぎ便だと10時間程度です。乗り継ぎ回数が多ければ多いほど運賃は安くなりますが、それだけ時間がかかることになります。旅行の予算や期間に合わせて使い分けましょう。

フライト時間がフィリピン旅行の鍵を握る!?

日本からマニラまでは、直行便で半日ほど。他国に比べればそこまで長くかかるわけではありません。ただ、到着時間、出国時間を計算することで、現地の滞在時間が決まるのも確かです。2泊〜3泊の短い滞在は、スケジュールの詰めかたでかなり旅の充実度も変わってきますよ。

また、乗り継ぎ便は飛行機のチケットは割安ながら時間がかかるのがネック、でもこれを逆手にとって他国の観光を挟む旅行通も多いのです。このように、旅行のデザインにフライトスケジュールは欠かせません。

フィリピンまで直行便でどれくらい?主要空港からの飛行時間

成田空港や羽田空港からの飛行時間

成田や羽田空港からフィリピンへの直行便は、マニラのニノイ・アキノ国際空港とセブ島にあるマクタン・セブ国際空港の二つ。それぞれのフライト時間はニノイ・アキノ国際空港までが4時間30分から5時間程度で、マクタン・セブ国際空港までは5時間から5時間30分程度とそれほど変わりません。

関西国際空港からの飛行時間

関西国際空港からフィリピンのニノイ・アキノ国際空港までの所要時間は4時間から4時間30分程度です。マクタン・セブ国際空港へは約5時間が目安となります。

新千歳空港からの飛行時間

これまで新千歳空港からフィリピンへの直行便はありませんでしたが、2016年の12月、初の直行便としてチャーター運航が開始、旅行会社企画のツアーラインアップなどとして見られるようになりました。所要時間は5時間から6時間ほどです。

那覇空港からの飛行時間

那覇空港からフィリピンへの直行便はなく、台湾などで乗り継ぎをする必要があります。

フィリピンまでの機内での過ごし方

仮眠で元気をためておく

利用する空港にもよりますが、日本からフィリピンまでは直行便で5時間から6時間、乗り継ぎ便を利用する場合でも1回のフライト時間はそれより短い場合が多いので、ちょっとした仮眠をとるのにちょうどいいぐらいの時間です。しっかりと睡眠をとって、観光に備えておきましょう。

時差ボケの心配なし!気ままに映画鑑賞を

日本とフィリピンとの時差は1時間しかありません。そのため、現地についてからの時差ぼけの心配もありませんので、フライト中に起きていても現地で寝不足になるようなことはないでしょう。飛行機によっては、座席で映画鑑賞できるものもありますので、お気に入りの映画があれば気ままに鑑賞するのも良いかもしれません。

到着後に備えて!初日の旅行計画を再確認してみよう

フィリピンへはじめていく人や、回数が少ない人は初日の旅行計画を再確認しておきましょう。特に予約してあるホテルへの行き方を確認しておくことをおすすめします。

フィリピンは日本から近い外国のひとつ

フィリピンは日本から行く海外旅行先としては比較的近い場所であるため、フライト時間もそれほど長時間ではありません。ただし、乗り継ぎを複数回する場合は長時間かかる場合もありますので、よく調べた上で旅行の計画を立てましょう。

※本記事は2017年3月時点の情報です

フィリピン旅行を探す

更新日:2018/12/11

フィリピン旅行を検索する

この記事のキーワード

フィリピンの主要都市

フィリピンの海外旅行情報と格安航空券情報

ページトップへ