アメリカ旅行

アメリカ旅行の心配点!チップのマナーを教えて

チップはアメリカのサービス業に従事する人にとっては、大切な収入の一部です。業種によってチップの金額も違いますが、チップは感謝の気持ちの表れでもあります。渡し方など、チップはスマートに支払いましょう。

最初は戸惑う!アメリカのチップあれこれ

ハワイを含むアメリカ旅行で気になるのがチップです。何かしらサービスを受けたらその対価として心付けを渡す、という習慣なのですが、レストランやタクシーなど場所によって渡す金額も変わります。渡し方も含め、詳しく見てみましょう。

チップってどんな意味があるの?

日本人にはなじみがない、アメリカのチップ制度。そもそもチップとは、受けたサービスに対する感謝の気持ちです。日本で言えば旅館などで良いサービスを受けた際に仲居さんに渡す、心付けのようなものでしょう。

日本の心付けと違う部分は、受け取る側にとってチップは収入の一部なのです。アメリカのサービス業界で働く従業員の給料は低く、チップで低い給料をまかなっているのです。チップは料金の一部と考えるのが良いでしょう。

レストランでのチップ相場

レストランでは、決まったテーブルの担当者が水や食事などのサービスを行います。テーブル担当が伝票を持ってきてくれた際に、総額の15%〜20%の額を伝票ホルダーに挟んで渡すのがスマートです。

ホテルでのチップ相場

高級ホテルやリゾートホテルではルームキーパーにもチップを置くことがありますが、それ以外のホテルでは必要はあまりないようです。ですが感謝の気持ちを表す場合は、ナイトテーブルの上に置くと良いでしょう。ルームサービスを依頼した場合は、デリバリーしてくれた係員に対して1ドル〜2ドルのチップを渡しましょう。

タクシーでのチップ相場

タクシーを利用した場合はレストランと同様、料金の15%〜20%を渡しましょう。運賃とチップを合わせて支払えばスマートです。例えば目的地までの運賃が5ドルならチップ込みで6ドルを支払えば無難、ということです。最近普及し始めている配車サービスのUberを利用する場合、チップを渡す必要はありません。

チップの渡し方のポイント

ポーターやタクシードライバーへのチップとして現金を手渡しする際は、紙幣を三つ折りなどに小さめにたたみ、さりげなく渡すのがスマートでしょう。支払いをクレジットカードで行う場合、伝票にチップの欄に金額を記入すれば食事代とチップをまとめてカードで支払えます。食事代はカード、チップは現金と、別々の支払いもOKです。

チップは忘れずに渡そう!

アメリカのサービス業には、チップ制度が根付いています。アメリカ旅行ではホテルのポーターやレストランなど、さまざまなシーンでサービスを受ける際にスマートにチップを渡したいものですね。サービスの種類によって相場が変わるので、旅行前にしっかりと確認しておきましょう。

※本記事は2017年3月時点の情報です

アメリカ旅行を探す

更新日:2018/08/19

アメリカ旅行を検索する

この記事のキーワード

アメリカの海外旅行情報と格安航空券情報

ページトップへ