アメリカ旅行

ワイン通におすすめ!人気のアメリカワインをご賞味あれ

ワインの名産地として名高いカリフォルニア州以外にも、オレゴン州、ワシントン州、ニューヨーク州などで生産されるアメリカのワイン。種類も豊富で、有名な高級ワインも楽しめます。

世界のワイン好きも熱視線!カリフォルニアワイン

ウイスキーやビールで有名なアメリカですが、ワインも生産量世界第4位を誇るワイン大国です。高評価を受けたアメリカワインについて、特徴や産地、おすすめなどを紹介します。

アメリカはワイン生産量第4位

アメリカのワインの生産量はフランス、イタリア、スペインに次ぐ第4位。ビールやウイスキーイメージが強いアメリカですが、実はワインの国でもあるのです。中でもカリフォルニアワインが9割ほどの生産量を誇り、他にもワシントン州やオレゴン州、ニューヨーク州でもワインが生産されています。

カリフォルニアワインの特徴は、その甘みやコクにあります。カリフォルニアはヨーロッパよりも気温が高いためにヨーロッパよりも糖度の高いぶどうができ、より長い熟成期間も手伝って、甘みが感じられるコクや香りの強いワインが生まれています。

代表的なアメリカワインは?

アメリカを代表するワインの銘柄と言えば、カリフォルニア州ナパ・ヴァレーで生産されるオーパス・ワンでしょう。ヨーロッパで著名なワインファミリーの技術が惜しげもなく注がれてきたワインは、アメリカ屈指の高級ワインとして知られています。

映画監督フランシス・フォード・コッポラ氏が復活させたイングルヌックも、アメリカの高級ワインとして有名です。他にも、ワインを題材とした漫画作品でも紹介されたキスラー・ヴィンヤーズやコブ・ファミリー・ワインズが、本場ヨーロッパ産のワインをも上回る評価のワインとして知られています。

カルトワインなどの新しい潮流

以前よりワインの醸造を行ってきたヨーロッパに対して、新しいワイン産地として大量生産に重きを置かれてきたアメリカのワイン産業。現在では醸造技術が飛躍的に向上し、オーパス・ワンなどの高級銘柄も市場に浸透してきています。

そのような中で新たに注目されるのが、カルトワインと呼ばれる存在です。これはフランスなどのワイナリー同様、家族や個人で経営するワイナリーで造られるワインのことで、特徴はその生産量の少なさ。味に評判がついたカルトワインには本家ヨーロッパのワインもびっくりするほどの高値がつくこともあり、ワイン愛好家たちの羨望(せんぼう)のまなざしが寄せられます。このようなワインを現地で探すのも、アメリカでワインを楽しむ大きな理由となるでしょう。

アメリカワインを楽しもう

ワインの生産高が世界第4位のアメリカでは、多様な品種や豊富なワイナリーからのワインを味わえます。中には高価なワインもありますが、日本よりはお手柄な価格で見つけることもできるでしょう。アメリカへ訪れる際には、あなたも好みのワイン探しにぜひ挑戦してみてください。

※本記事は2017年3月時点の情報です

アメリカ旅行を探す

更新日:2018/08/20

アメリカ旅行を検索する

アメリカの海外旅行情報と格安航空券情報

ページトップへ