アメリカ旅行

のんびり旅行したい人向け!アメリカの田舎はいかが?

アメリカは国土が広いので、人口が集中しているエリアとそうではないエリアに分けられます。中でも田舎は都会と違い、フレンドリーな人々と広々とした自然の中でゆったりと時間を過ごすことができます。

アメリカ旅行で田舎の魅力に触れよう!

アメリカと聞くとマンハッタンなどの都会の景色をイメージするかもしれませんが、アメリカにももちろん、都会もあれば田舎もあります。アメリカの田舎にはいったいどのような特徴があるのでしょうか。

「田舎な州」はどこ?

広大な国土を持つアメリカには比較的人口の少ない、田舎とも呼べる州もあります。人工密集度から考えれば、ネバダ州やネブラスカ州、飛び地の北極圏に近いアラスカ州が挙げられるでしょう。どの州も、雄大な自然が最大の観光スポットです。アメリカで一番人口が少ないワイオミング州は、日本の鳥取県の人口とほぼ同じくらい。こちらもイエローストーン国立公園などの、すばらしい自然が大きな見どころです。

都会の生活とどう違う?

アメリカの都会と田舎で決定的に違うものとしては、ホテルの宿泊費が挙げられるでしょう。都会に比べ地方の方が料金は圧倒的に安く、格安で広い部屋に泊まれます。田舎の方が比較的治安が良く、のんびりしていて安心して過ごせるのも魅力です。コミュニティー内の意識が強い地域もありますが、一般的には穏やかでフレンドリーな人々が多く住み、観光客も温かく迎え入れてくれます。

地方のなまりはある?

アメリカにも地方による方言があります。特に南部なまりは、慣れない人にとっては聞きづらいかもしれません。ただしアメリカの都会と言っても、ボストンなまりやニューヨーク英語と呼ばれるなまりがあります。そのために同じアメリカ人同士でも、うまく話が通じないこともあるのです。都会だろうと田舎だろうと、アメリカにも地域によって方言があることを覚えておきましょう。

外国人観光客は多い?

アメリカの田舎だからと言っても、観光客が特に少ないということはありません。観光客が多く訪れるネバダ州も、分類としては田舎に入れられるでしょう。都会と比較すれば、田舎の観光客数が少ないのは確かです。しかし、世界的にも人気の世界遺産であるイエローストーン国立公園やグランドキャニオン国立公園は、アメリカの田舎にある観光スポットです。旅行先に田舎を選んでも、十分に楽しめることは間違いありません。

アメリカの地方観光も魅力的

日本の地方にも魅力的な観光地がたくさんあるように、アメリカの田舎も観光で訪れる価値は十分あります。アメリカの田舎には都会とは違い、雄大な自然や人々の温かみに触れられるので、アメリカの別の側面を見ることができるでしょう。

※本記事は2017年3月時点の情報です

アメリカ旅行を探す

更新日:2018/06/24

アメリカ旅行を検索する

アメリカの海外旅行情報と格安航空券情報

ページトップへ