アメリカ旅行

本場アメリカのハンバーガーをいただきます!

ハンバーガーはアメリカ発祥の食べ物であり、アメリカには多くのハンバーガーショップやハンバーガーチェーンがあります。日本のハンバーガーに比べてサイズは大きめで、ファストフードチェーン店以外でもオシャレなカフェなどで楽しめます。

アメリカと言えばハンバーガー!

アメリカンフードの代表と言えばハンバーガー。20世紀はじめに登場し、今でも多くのアメリカ人の主食として愛されています。日本のハンバーガーとの大きな違いはサイズですが、中にはオシャレなハンバーガーも売っているので、ジャンクフード大好きなあなたもグルメなレディーもアメリカ旅行ではぜひチェックしてみましょう。

アメリカはハンバーガー発祥の地

ハンバーガー発祥の地はアメリカと言われています。1904年のセントルイス万国博覧会に登場した、丸いパンにハンバーグをサンドイッチのように包んだものが、はじめて売られたハンバーガーとされています。今でもアメリカでは、国民の半数は週に一度ハンバーガーを食べるそうです。

日本のハンバーガーとはどう違う?

アメリカのハンバーガーと日本のハンバーガーを比べてみると、具材味にはさほど差がありません。明らかに違うのがそのサイズ、有名チェーン店でも日本の3割増しと考えて良いでしょう。よく知っているチェーン店でも、出てくる大きさにビックリしないように気をつけて!

ハンバーガーを食べにレッツゴー!

アメリカにはハンバーガーショップがたくさんあり、日本でもおなじみのハンバーガーチェーンやバーガースタンドと言った定番から、高級カフェで食べられるものまで、アメリカならではのハンバーガーを楽しんでみてはいかがでしょう。

アメリカで店舗数の多いハンバーガーチェーンと言えば、マクドナルド、ウェンディーズ、バーガーキングなどの日本で有名なものもありますが、日本未上陸組もアービーズ、ソニック、ファイブガイズなどは各地で見つかるでしょう。街や州限定で営業するチェーン店も、試してみる価値アリですよ。

オシャレなカフェやバーなどでハンバーガーを味わっても良いでしょう。中でもニューヨークのイーストビレッジにある「ブリンドル・ルーム」は、ジューシーなハンバーガーと抜群の雰囲気で評判のカフェです。座席数約30の小さな店内ですが、焼きたての肉汁あふれる本格ハンバーガーをぜひ味わってください。

ブリンドル・ルーム(Brindle Room)
  • 【住所】277 East 10th Street New York NY 10009
  • 【アクセス】地下鉄「1番街(1st Avenue)」駅より徒歩約6分

アメリカは大食いチャレンジもビッグ!

アメリカでも大食いコンテストは行われていて、ハンバーガーも例外ではありません。「ワゴン・トレイン・バーベキュー」というレストランの大食いチャレンジ用ハンバーガーは、バンズに豚肉や牛肉、マカロニサラダやチーズがぎっしりトッピング。30分以内に完食すると食事代無料、Tシャツ進呈などの特典がたくさんあります。しかしこのハンバーガーの重さは約5キロ、チャレンジには相当な勇気が必要でしょう。

ワゴン・トレイン・バーベキュー(Wagon Train BBQ)
  • 【住所】671 Mariaville Rd., Schenectady, NY 12306
  • 【アクセス】ニューヨーク州サラトガ・スプリングズから車で約45分

アメリカならではのハンバーガーを召し上がれ

ビッグなサイズが特徴のアメリカンハンバーガーですが、味も素材もお店によってこだわりがあります。種類も豊富なので、アメリカ旅行では自分好みのハンバーガーを見つけてみるのも楽しいでしょう。

※本記事は2017年3月時点の情報です

アメリカ旅行を探す

更新日:2018/06/21

アメリカ旅行を検索する

アメリカの海外旅行情報と格安航空券情報

ページトップへ