アメリカ旅行

旅行前に必ずチェック!アメリカの電圧について

アメリカでは電圧120V、コンセントはAタイプという2穴タイプのため、基本的には日本の電化製品をそのまま使えます。100V以上に非対応の電化製品などには変圧器が必要になるため、あらかじめ準備しておきましょう。

コンセントが挿せるだけじゃダメ!アメリカの電圧もチェック

基本的にはアメリカでも、日本の電化製品をそのまま使用できます。ただし電圧が違うので、旅行前にはポイントをしっかりチェックしておく必要があります。

アメリカの電圧は日本と違う!?

日本の電化製品を使うとき、アメリカでもコンセントが同じかたちをしていることに気づくでしょう。日本もアメリカもAタイプというものが採用されているので、コンセントは問題無く挿すことができます。

ただしアメリカの電圧は120Vで、日本の100Vよりもやや高めです。そのため事前に電化製品の表示を確認し、対応電圧をチェックしておく必要があります。

対応電圧が100V-240Vのような表示であれば問題ありませんが、もし100V以上の電圧に対応していない製品を使う場合には、変圧器が必要になります。

携帯電話の充電はできるの?

日本の携帯電話の充電器は一般的に、アメリカでもそのまま使えます。ただし充電器の対応電圧を確認するなど、十分に下調べするほうが良いでしょう。デジカメやパソコンも同様で、アメリカでも使える充電器が多いようです。こちらのしっかりチェックしましょう。

旅行前にきちんと準備しておこう!

アメリカの電圧に対応していない電化製品を持って行く場合、変圧器を購入しなければ使えません。ただし変圧器には対応ワット数があるので、使用したい電化製品の消費電力を確認してから買うようにしましょう。1000W程度に対応した変圧器がおすすめですが、電器店でしっかり相談すると安心です。アメリカから世界各国へ訪れる予定がある場合は、各国対応の変換プラグも備えておくと良いでしょう。

アメリカでも日本の電化製品を使える

アメリカでは電圧120V、コンセントはAタイプのため、日本の電化製品でもそのまま使えるものが多くあります。100V以上に対応していない電化製品は変圧器が必要なため、事前に確認しておきましょう。

※本記事は2017年3月時点の情報です

アメリカ旅行を探す

更新日:2018/08/19

アメリカ旅行を検索する

アメリカの海外旅行情報と格安航空券情報

ページトップへ