グアム旅行

グアムの海で極上バカンス! おすすめビーチまとめ

気軽な南の楽国・グアムの魅力と言えばやっぱり海! パブリックビーチのイパオ・ビーチパークやタモンビーチやリティディアンビーチ、有料でも安心のココパームガーデンビーチやトンガンリゾートやファイファイビーチと、訪れたいビーチが満載です。

グアム旅行を探す

更新日:2017/05/28

来て良かった! 魅力たっぷりグアムの海

グアム旅行・海特集 | 東京発の海外ツアー・格安航空券・海外ホテル

南の楽園グアムを旅するなら、やっぱり海は外せません。アクティブ派ものんびりリラックス派も大満足のグアムの海なら、友だち同士でも家族連れでも「また行こうね!」と盛り上がこと間違い無しです。公共のビーチもたくさんありますが、初めて訪れるなら安心して利用できる有料のプライベートビーチもおすすめです。

透明度もバツグン! 人気のパブリックビーチ

イパオ・ビーチパーク

ホテル街からも近い、美しいタモン湾。その南端にあるイパオ・ビーチパークは、公園沿いに整備されたキレイなパブリックビーチパークです。波が穏やかで、簡単なスノーケリングだけでサンゴ礁やたくさんの魚たちとも触れ合え、さらにライフガードまでいるのに無料で使える、グアムの初心者からリピーターまで安心して使えるビーチです。

タモンビーチ

タモンビーチは立地と雰囲気の良さが際立つビーチです。ホテル街や免税店からは歩いてアクセスでき、そこには白い砂浜にビーチパラソルと南の楽園そのままの光景が広がります。荷物を預けたり飲み物や食べ物を買ったりするのも便利ですから、水辺でチャプチャプ遊ぶだけならイパオ・ビーチよりもおすすめです。

リティディアンビーチ

島の北端にあるパブリックビーチ。潮の流れが強く遊泳には不向きなビーチですが、美しい海と白い砂浜はグアムでも一番と言われるほどです。近辺は自然保護区に指定されているので、海に飛び出すような緑の森と青い海のコントラストをビーチから楽しめます。アクセスが少々不便なため、個人で行くよりツアーに参加するほうがおすすめです。

初心者やファミリーにおすすめはプライベートビーチ

ココパームガーデンビーチ

グアムには有料のプライベートビーチがいくつかあります。中でも北部にあるココパームガーデンビーチは、施設やサービスが充実していて、とても満足度の高いビーチです。子ども向けのサービスも多く日本語メニューも充実していて、清潔なうえ食事まで楽しめるから、ここに来るだけで1日まるごと楽しく過ごせちゃいそうです。

ココパームガーデンビーチ(Coco Palm Garden Beach)
  • 【URL】http://www.cocopalm-guam.com/
  • 【アクセス】グアム国際空港から車で約45分

トンガンリゾート

静かで穏やかなビーチを探すなら、ホテル街とは反対側にあるトンガンリゾートを候補に入れましょう。透明度抜群の海にさざなみ寄せるビーチ、さらに海に面したプールも雰囲気が満点。ふたりきりの時間をゆっくり静かに過ごしたいならおすすめです。さまざまなマリンアクティビティはもちろん、オリジナルのバーベキューも好評です。

トンガンリゾート(Tongan Resort)
  • 【URL】http://tonganresort.com/ja/
  • 【アクセス】グアム国際空港から車で約30分

ファイファイビーチ

グアムのシンボルである恋人岬にほど近いプライベートビーチ。ホテル街からすぐに到着するため、リピーターの多いと評判です。海にジャングルにと自然を思いっきり楽しめて、おいしいランチからアイランドダンスショーまですべてパッケージで付いてきます。日本語サポートもばっちりだから安心できますね。

ファイファイビーチ(Faifai Beach)
  • 【URL】http://www.faifaibeach.com/
  • 【アクセス】グアム国際空港から車で約12分

行くなら忘れないで! 海を楽しむグッズたち

マリンシューズ

グアムの海は日本と違い、海底にサンゴなどが多く転がっています。自分の足を守るためにも、ビーチサンダルではなくマリンシューズを持って行くことを強くおすすめします。日本で購入すればサイズもピッタリのものが見つかるから、お気に入りを購入してバッグに入れて行きましょう。

日焼け対策

日焼け止めやラッシュガードも持って行きたいグッズです。日本で探せば間違い無しですが、これらはグアムのABCストアなどでもたくさん売っているので、現地調達しても良いでしょう。特に日焼け止めは現地で使い切ってしまえば、荷物も増えずに済みますよ。

※本記事は2017年4月時点の情報です

グアム旅行を検索する

グアムの海外旅行情報と格安航空券情報

ページトップへ