ベトナム旅行

生だけじゃない!ベトナムは揚げ春巻きが超おいしい!

ベトナムと言えば生春巻きが有名ですが、揚げ春巻きも負けていません。南北で名前も具材も違いますが、ヌクマムベースのタレで食べるところは同じ。ベトナムビールとの相性もバッチリです。

ベトナム旅行探す

揚げてもうまい!ビールに合う!

ベトナム料理として日本でもメジャーな生春巻き。でも、ベトナムの春巻きは生だけではありません。サクッとおいしい揚げ春巻きもよく食べられています。たっぷり具材が詰まった揚げ春巻きは、手軽にベトナムらしさを味わえる絶品グルメのひとつです。

北部と南部で呼び方が違うベトナム揚げ春巻き

揚げ春巻きを北部では「ネムザン」、南部では「チャーヨー」と呼びますが、縦に細長いベトナムでは北部と南部で気候が異なるため、揚げ春巻きに使われる食材も違います。

北部に位置するハノイの揚げ春巻きは中国の春巻きと同じようなサイズで中身は豚肉のミンチと野菜がたっぷり。一方南部のホーチミンは、一口サイズの揚げ春巻き。豚肉の他に魚介のミンチも使われ、タロイモなどのイモ類が入れられている点が特徴的です。

ベトナムビールと相性バッチリ!揚げ春巻きの基本レシピ

ベトナムは、東南アジアで最もビールの消費量が多い国。そんなベトナムのご当地ビールとも相性がよい揚げ春巻きの、基本的な作り方をご紹介しましょう。

ネムザンの材料はライスペーパー、豚ひき肉、キクラゲやもやしなどの野菜、春雨です。中身は濃い味付けをせず、ヌクマムとにんにく、酢、砂糖などで作ったタレを付けて食べます。チャーヨーは、エビや魚のミンチをメインにして、一口サイズに包んで揚げます。食べるときのタレはネムザンとほぼ同じです。

屋台かレストランか?揚げ春巻きはどこで食べる?

揚げ春巻きはベトナムの庶民の味。そのため、屋台でもレストランでも気軽に食べられます。揚げ春巻きだけを食べるなら、安く食られる屋台、他のものと一緒に食べたいならレストランがおすすめです。

屋台で食べれば、街の雰囲気を肌で感じることができます。広々とした場所でゆっくりと食事を楽しむなら、レストランで食べた方がよいでしょう。

揚げ春巻き片手にベトナムビールで現地の夜を満喫しよう

ヌクマムベースのタレで食べる揚げ春巻きは、ベトナム料理初心者でもおいしく味わえるベトナムの味。相性抜群のベトナムビールで乾杯すれば、楽しい夜を過ごせますよ。

※本記事の内容は、2016年10月時点の情報です。

ベトナム旅行検索する

ベトナムの海外旅行情報と格安航空券情報

ページトップへ