カナダ旅行

カナダといえばメープルシロップ! 種類や選び方のポイントとは?

カナダの名産品であるメープルシロップは、カエデの樹液をじっくり煮詰めたものだとご存じですか? 幹を通して大地の豊かな恵みをたっぷり吸い上げたあまい蜜は、幸せの味。年間6万トン以上を生産する名物をチェックして、カナダ観光ではメープルシロップを堪能しちゃいましょう。

カナダはメープルシロップ大国

カナダといえば、メープルシロップ

全世界で味わえるメープルシロップのうち、約7割がカナダ・ケベック州で作られています。言わずと知れた「メープルシロップ大国」であるカナダは、もちろん輸出においても世界でトップ。

かつて食糧不足にひんしていた北米先住民が、カエデの樹液を飲んだリスが元気に動き回るのを見たことから、人々が口にするようになったとも言われています。

メープルシロップは、今ではすっかり日本人にもおなじみの甘い蜜となりました。

メープルシロップの歴史

メープルシロップはミネラルが豊富

カナダでメープルシロップが採取されるようになったのは、今から500年以上も昔のこと。

もともとカナダにはメープルの原生林が多く見られ、先住民たちはその樹液(メープルウオーター)が甘くてエネルギー源としても優秀であることを知っており、春先になるとメープルウオーターを採取するために移住する一家もいたのだとか。

そして1,600年代に先住民が、ヨーロッパからの入植者にメープルウオーターのことを伝え、1700年代には煮詰めて作ったメープルシロップを味わうようになったそうです。

メープルシロップ、ここがポイント

100%ナチュラルで、低カロリーなのが特徴

現在は、日本でも気軽にメープルシロップが味わえますが、そもそもメープルシロップとは大変希少なもの。

メープルの樹木は、夏に樹木の内部にあるでんぷんを糖分に変え、寒さが厳しいカナダの冬を越えて、春になるとようやくメープルウオーターが抽出できます。

しかしその時間帯は、春の10日から20日間の昼間のみである上に、40リットル採取できた場合に、そこからできるメープルシロップはたった1リットル程度なのです。

天然水のようなメープルの樹液

無色透明のさらりとしたメープルウオーターは、天然水のようなクリアな味わいですが、かすかに甘みもあるのだとか。これを煮詰めて作られるのが、100%ナチュラルなメープルシロップです。

メープルシロップの採取・加工

時間をかけてメープルウオーターを煮詰めていきます

春先に採取されたメープルウオーターは、時間をかけて高温で、糖度66%になるまで煮詰めます。それからろ過して不純物を取り除けば、メープルシロップのできあがりです。

産地はどこ?

メープルウオーターの採取

メープルシロップはサトウカエデの原生林が広がる、カナダ南東部を中心に生産されます。

ケベック州、オンタリオ州、ニューブラウンズウィック州、ノバスコシア州の4つの州で生産されていますが、中でもケベック州は世界最大の生産地。ケベック州の気候は、おいしいメープルシロップ作りには最適なのだそうです。

色によって等級がある!

メープルシロップの売り場では、色味がそれぞれに異なると思ったことはありませんか?

シロップの色は採取時期が後になるほど濃くなり、それにとって糖含有量も異なるので、それに基づいてグレードも分かれています。

メープルシロップは色によって等級が分かれます

採取時期が早く、色が薄いものからゴールデン(デリケート)、アンバー(リッチ)、ダーク(ロバスト)、ベリーダーク(ストロング)に大きく分けられます。

一般的な琥珀(こはく)色のメープルシロップは「アンバー」タイプ。お土産にも一番無難なタイプです。

ベリーダークはもっとも風味が芳醇(ほうじゅん)で、甘みは少ないため、肉・魚料理などに用いられるそうです。あくまで味の美味不味ではなく、風味ごとに等級が決まっています。

栄養価が高いメープルシロップ

森林の恵みを味わおう

メープルシロップがヘルシーであることは、あまりにも有名です。ビタミンや抗酸化物質、65種類ものポリフェノール、たんぱく質や亜鉛など、栄養価も挙げればキリがありません。

模造品に注意

売り場ではメープルシロップの類似品に気をつけましょう。例えばコーンシロップにメープルの風味づけをした“ケーキシロップ”は、もちろん純正のメープルシロップではありません。

また“メープルシロップ”という商品名でも、原材料にコーンシロップが表記されていれば、残念ながら純正ではありません。ちなみにいずれも、純正に比べればお値段はリーズナブルです。

メープルシロップの選び方

純正のものを入手するには、ボトルの原材料名表示をチェックしましょう。

「カエデ樹液」「楓糖液」「メープルシロップ」などと書かれているものがピュアなメープルシロップです。等級によって風味が異なるため、用途に合ったグレードのものをチョイスしてくださいね。

おすすめのメープルシロップ5選

メープルシロップはカナダ土産にも最適!

パンケーキがもっとも定番ですが、ヨーグルトやホットドリンクはもちろん、肉料理などにも使えるメープルシロップ。自分用や友人用におすすめのシロップをご紹介します。

カドデュケベックメープルシロップ

商品展開もバラエティー豊かな「カドデュケベックメープルシロップ」。ゴールデン、アンバーなどのグレードはもちろん、メープルスプレッドや持ち運びサイズのものまでそろいます。

Canada No.1メープルシロップ

こちらも、地元の人々にも人気の「Canada No.1メープルシロップ」。特に人気なのが“アンバー(リッチテイスト)”です。甘みとコクをしっかり感じられます。

モン・ファボリメープルシロップ

ケベック州で生産される「モン・ファボリメープルシロップ」。やはりこちらも“アンバー(リッチテイスト)”グレードのもので、美しい琥珀色と深い余韻を堪能できます。

シタデール ピュアメープルシロップ

ケベック州のメープルシロップ生産組合であるコープが製造する「シタデール ピュアメープルシロップ」。さらりとしたテクスチャーのライトなシロップが特徴的です。

カークランドメープルシロップ

比較的リーズナブルに購入できる「カークランドメープルシロップ」。スイートな味わいなので、パンケーキやヨーグルト、グラノーラなどとも相性抜群です。

※本記事は2017年10月時点の情報です

カナダ旅行を探す

更新日:2018/09/21

カナダ旅行を検索する

カナダの海外旅行情報と格安航空券情報

ページトップへ