ドイツ旅行

知らないと損する? ドイツでのチップの渡し方とは

ドイツでは気持ちの良いサービスを受けたとき、心づけとしてチップを渡す習慣があります。その金額に決まりはありませんが、「会計+アルファ」を意識していればスマートにチップを渡せるでしょう。

ドイツでのチップ習慣とは

海外では飲食店などでサービスを受けたときに、チップを渡す習慣があります。それはドイツでも同様で、レストランやホテルなどでスタッフに渡す場面に遭遇するでしょう。そんなとき、スマートにチップを支払えるように、ドイツのチップ事情について確認しておきましょう。

どんなシチュエーションでチップを渡すべき?

チップとはサービスに対する感謝の気持ちです。おいしい料理を楽しめた、気持ちの良い接客をしてもらったなど、うれしいサービスをしてもらったときに渡すものであり、サービスに不満があるなら渡さなくても問題はありません。

チップが生活の糧になっているというようなこともないので、スタッフ側もそこまで気にしてはいないでしょう。ですが、よほど悪いサービスでもない限り渡すのが一般的。サービスを受ける場面はいろいろとありますが、普通以上のサービスを受け、それに対し感謝を伝えたい!というときに、チップを渡すようにしましょう。

ドイツのチップの相場は?

ドイツの場合、会計に対して10%程度がチップの相場と言われています。ですが、きっちり10%払わなくてもアバウトでも大丈夫。例えば、カフェでコーヒーと軽食を頼んで会計が4.5ユーロなら5ユーロ、というように、つり銭の端数を切り上げて渡すだけでもOKです。

とても良いサービスを受けて、チップを弾みたい!というときには、会計に1ユーロから2ユーロ上乗せして渡しましょう。高級レストランなどで会計が50ユーロを超える場合には、3ユーロ以上のチップを支払うことが一般的です。

どんなふうにチップを渡すのがベスト?

つり銭の端数をチップに回すときには、「お釣りはいりません」と言えば相手はチップをくれたのだと解釈してくれます。高級レストランなど、カードで支払いたいときにはチップを含めた金額で決済してもらうか、チップだけ現金で支払うという方法も可能です。

ドイツ特有の渡し方として、チップ込みの金額でつり銭をもらうという方法もあります。例えば会計が28ユーロで、20ユーロ札を2枚しか持っていないとします。もしこのとき2ユーロをチップとして渡したいのなら、「30ユーロで」と伝えればドイツの場合はチップだと判断してくれ、10ユーロのお釣りと“Danke(ありがとう)”の言葉が返ってくるでしょう。

チップをうまく使いこなそう

チップは義務ではなく、心づけとして渡すもの。必ず渡さなくてはならないものではありません。サービスが悪ければ「渡さない」こともできるので、会計時にあせる必要はありません。

※本記事は2017年1月時点の情報です

ドイツ旅行を探す

更新日:2018/10/16

ドイツ旅行を検索する

ドイツの海外旅行情報と格安航空券情報

ページトップへ