ドイツ旅行

ドイツ旅行の服装ガイド。気をつけるポイントは?

ドイツの緯度は日本よりも高く、旅行時の服装には防寒対策をしておく必要があります。特に、春と秋は油断をしてしまいがち。朝晩は冷え込むので、昼間は暖かかったとしても、上着は必ず持って出掛けることが大切です。

ドイツ服装ガイド

日本よりも緯度の高い国ドイツは、日本と比べて気温が低く、年間を通して涼しかったり寒かったりします。北国ドイツを快適に旅するためには、どのような服装をしていけば良いのでしょうか。

ドイツの気候は大まかに2つ

ドイツは大きく分けると、北部の海洋性気候と、中・南部の大陸性気候の2つのタイプ。北部では冬にあまり雪は降りませんが、南部ではアルプス山脈の影響もあり、一面雪景色になることはよくあります。

ただし、南部のミュンヘンと北部のベルリンを比べても、平均気温には大きな差はありません。降水量は南部の方が圧倒的に多いので、特に南ドイツに出掛けるときは雨対策をしておきましょう。

夏と冬、服装のポイントは?

ドイツは緯度が高いため、夏は日が長く、冬はすぐに暗くなってしまいます。そのため冬のドイツに旅行に行く際は、しっかりと防寒対策をしておく必要があります。コートは膝の上まで隠れる長めのものを着用し、マフラーや帽子、ブーツなども着込んで全身を覆うような服装をして行きましょう。

夏の期間は短いとはいえ、気温が30度を超えることもあります。半袖シャツや短パンなどを用意しておくほか、帽子や日焼け止めも用意して行った方が良いでしょう。夏は午後10時ごろまで明るいので、サングラスをしておくと良いかもしれません。

春秋は急に冷え込むことも

ドイツの春と秋は、天気や気温が日によって激しく変化します。日中はTシャツで過ごせるくらい暖かくても、朝晩は上着が必要なほど寒くなることが珍しくありません。春や秋に快適に過ごすためには、長袖から半袖までを全てそろえてから出掛けるようにしましょう。

ドイツはやっぱり寒い!服装の対策はしっかりと

東京と比較すると、ドイツは平均して5度から10度ほど気温が低め。体調を崩さないためにも、旅行へ行く前は寒さ対策をしっかりしておきましょう。

※本記事は2017年1月時点の情報です

ドイツ旅行を探す

更新日:2018/09/25

ドイツ旅行を検索する

ドイツの海外旅行情報と格安航空券情報

ページトップへ