インドネシア旅行

インドネシアの気候ガイド。ベストシーズンはいつ?

日本とインドネシアでは、気候が大きく違います。熱帯性気候であるインドネシアには、雨季と乾季があります。気候の特徴と、観光のベストシーズンを詳しくご紹介します。

インドネシアに季節はあるの?

大小多くの島々からなるインドネシア。日本とは異なるさまざまな文化で楽しませてくれます。それでは気候はどうでしょうか。「私は雨女」なんて人は、乾季を選んで日程をたててみてはいかがでしょう?

赤道直下の熱帯性気候で雨季と乾季がある

インドネシアは、赤道にまたがる1万以上もの島々を抱える国。熱帯性気候の地域が多く四季がないかわりに、雨季と乾季が交代でやってきます。

雨季は10月から3月の期間で、湿度が高く雨の日が続きます。特に12月と1月は雨が集中するシーズンです。乾季は4月から9月の期間で、カラっと晴れた日が続きます。

乾季の降水量は東京のほうが多い!

インドネシアの乾季の場合、さほど湿度は高くありません。この期間の降水量の比較では、日本のほうが多いくらいです。乾季はからっとした快晴が続き、平均気温も27度前後と快適です。ただし朝方は21度から23度とやや涼しくなるため、羽織るものを持ち合わせておくと良いでしょう。

雨季に降る雨もほとんどは突然のスコールだけ

雨季に入ると毎日のように雨が降りますが、短時間のスコールが襲うというパターンがほとんど。雨に備えて、カッパや折り畳み傘などを携帯しておけば良いでしょう。この期間でも、スコールを避ければ観光は可能です。

ベストシーズンは4月から10月!

雨を気にせず観光を満喫したいならば、乾季を選ぶことがおすすめです。インドネシアのベストシーズンはだいたい4月から10月の間で、安定した気候のもとでアウトドアや観光を楽しめます。サーフィンのベストシーズンは6月から8月、マリンスポーツもぜひこの時期を狙ってみましょう。

人気の観光地バリ島は、7月と8月に最も涼しくなります。この時期のバリ島は日本の夏休みにもあたるために人気のシーズンです。トバ湖のような高原のエリアは、平野部に比べて気温も低めで過ごしやすく、リゾートとしても最適です。

シーズンを選んでインドネシアを満喫しよう

熱帯性気候であるインドネシアは、乾季と雨季があります。観光を満喫したいならば、乾季に訪れると良いでしょう。特にベストシーズンは4月から10月です。インドネシアならではの大自然を満喫しましょう。

※本記事は2016年12月時点の情報です

インドネシア旅行を探す

更新日:2018/05/23

インドネシア旅行を検索する

インドネシアの海外旅行情報と格安航空券情報

ページトップへ