マレーシア旅行

マレーシアでマーライオン! ってシンガポールじゃないの?

マーライオンの起源はマレーの王族の伝説から来ています。シンガポールで公式に認められているマーライオンは5体います。マレーシアのクアラルンプールからシンガポールまではほぼ東京・名古屋間と同じ距離です。

マーライオン見にシンガポールまでひとっ飛び

シンガポールで有名なマーライオン。とても知名度の高い観光スポットでもありますが、実は起源はシンガポールではないことや、マーライオンが1体ではないことをご存じでしょうか。

マーライオンの起源はマレーシア

マーライオンは、11世紀にマレー半島一帯を治めた王族の伝説から誕生しました。そのときの王子様が航海を経てたどり着いた場所で、不思議な動物に出会います。王子様はそれをライオンだと信じ、ライオン=「シンガ」の都市という意味のシンガプーラとその地を名付け、マーライオンを守り神にしました。

この伝説はセントーサ島にあるマーライオンタワーで、映像で紹介されています。なおマーライオンの名称である「マー」はフランス語で海という意味があり、マーライオンの魚の尻尾部分を指します。

マレーシアからちょっとだけ足を伸ばしてシンガポールへ!

マーライオンがあるシンガポールは、マレーシアのクアラルンプールからおよそ310キロ離れています。日本で表すと、東京・名古屋間の距離です。空路、陸路(バス)で移動ができ、陸路の場合なら5時間程度、空路では1時間程度で到着します。

5体のマーライオンに会いに行く!

シンガポールに着いたら、早速マーライオンに会いに行きましょう!政府が認めている公式のマーライオンは5体あります。

一番有名なマーライオンがいる場所が、マーライオンパークです。同じ場所に2頭目のスモールマーライオンもいます。

3頭目はセントーサ島、インビアステーションの前にいる大きなマーライオン。夜はライトアップされてとてもきれいです。

4頭目はマウントフィーバーの山頂にいます。

5頭目はシンガポール観光庁の敷地内にいます。少しほかのマーライオンとは見た目が違うのが特徴です。

マーライオンパーク
  • 【住所】21 Esplanade Dr, Singapore 038980
  • 【アクセス】MRTラッフルズ・プレイス駅から徒歩約10分
インビアステーション
  • 【住所】Imbiah Lookout, Sentosa Island 099700, Singapore
  • 【アクセス】インビア駅下車すぐ
マウントフィーバーパーク
  • 【住所】Telok Blangah Rd, Singapore 099448
  • 【アクセス】マウントフィーバーの山頂、バス・ロープウエーあり
シンガポール観光庁舎
  • 【住所】1 Orchard Spring Ln, Singapore 247729
  • 【アクセス】MRTオーチャード駅から徒歩約15分

マーライオンを実際に見比べてみよう

この5体のマーライオンは全て特徴が違います。実際に行って体験してみると面白みが分かることでしょう。全てコンプリートすれば、シンガポールの旅を満喫できるはずです。

※本記事は2017年2月時点の情報です

マレーシア旅行を探す

更新日:2018/06/24

マレーシア旅行を検索する

マレーシアの海外旅行情報と格安航空券情報

ページトップへ