上海旅行

上海で無料Wi-Fi事情。ネット規制回避方法もご紹介

上海は、街中の至る所に無料で使えるWi-Fiスポットがあり、インターネット環境が充実しています。しかし日本の感覚とは異なりインターネットの閲覧には規制があるため、旅行前に現地のWi-Fi事情を知っておきましょう。

上海のインターネットとWi-Fi事情

上海には無料Wi-Fiスポットがいっぱい

上海のWi-Fi環境はかなり整備されており、普及率は日本をはるかにしのぎます。

ただし中国はインターネットの閲覧に規制があり、上海では閲覧できないサイトやサービスがあります。2017年9月現在、InstagramやTwitter、LINEなどのSNSをはじめ、GoogleやYouTubeなどへのアクセスはできません。アクセス可能なポータルサイトやサービスとしては、Yahoo! がありますので覚えておきましょう。

上海の主な無料Wi-Fiスポット

上海の無料Wi-Fiスポットは、自由に接続できるフリースポットのほか、パスワードや中国の携帯番号など接続条件を設定している場所もあります。

空港

無料Wi-Fiスポットを利用して観光情報をチェック!

上海浦東国際空港で無料Wi-Fiに接続する場合、空港内のWi-Fi受付カウンターにパスポートを提示するか、パスワードを発行する専用機械を利用します。

街中や繁華街のモールやカフェ、ホテルや銀行など

上海市内のほとんどの飲食店でWi-Fiが使えます

観光地だけでなく、大きなショッピングモールやカフェ、ホテルのロビーや銀行など街中にも無料スポットがたくさんあります。ファストフード店やカフェなどはパスワードなしでつながる所が多く、スターバックスやコスタコーヒーは店舗数も多く、旅行中の強い味方です。

また、パスワードが必要な場合も店員に聞けば教えてくれます。ただしパスワードを携帯のSMSで受け取るよう設定されたスポットもあり、その場合は中国の携帯番号がないと使用できません。

上海ディズニーランド

上海ディズニーランドは国際電話にも対応しており、登録画面の「中国CN」を「INTL国際+」に変更すればSMSでパスワードの受信が可能です。いずれにしても閲覧規制がかかっており、特定サイトへのアクセスはできません。

ネット規制を回避するには

上海でのインターネット閲覧規制は、VPN(仮想プライベートネットワーク)を使うことで回避できます。

VPNは月額契約サービスが主流ですが、旅行などの短期滞在の場合、Wi-Fiレンタルサービスの「VPN機能付きプラン」を利用することができます。そのほか、国際ローミングを利用する方法もありますが、日額約3,000円と高額になるため気を付けましょう。

無料Wi-Fi利用時の注意点

無料のWi-Fiは手軽に利用できてとても便利ですが、暗号化されていない場合もあるため、ネットバンキングやショッピングなど、個人情報の送受信が必要なものは極力避け、不正アクセスの被害にあわないよう注意しましょう。

※本記事は2017年10月時点の情報です

上海旅行を探す

更新日:2018/10/18

上海旅行を検索する

おすすめのまとめ

上海の海外旅行情報と格安航空券情報

ページトップへ