アメリカ旅行

LCCを賢く使ってお得にアメリカ旅行!

アメリカ国内の移動は飛行機の利用が快適です。LCCを上手に活用すれば、旅行代金や移動時間を節約でき、その分を他のことに使えます。LCC利用という賢い選択をして、お得な旅を楽しみましょう。

アメリカでの移動にLCCはもはや常識!

旅行でアメリカ国内を移動する場合、日本とは違いかなりの距離を移動しなければなりません。日本なら列車かバスで移動、と簡単に考えてしまいがちですが、アメリカは広大な大陸なのです。そんなアメリカでの移動に便利な、LCCの活用方法を紹介します。

広いアメリカ、移動に飛行機は必須!

アメリカを列車やバスで移動すると、どれくらいかかるのでしょうか。西海岸のロサンゼルスから中部のミシガン湖のほとりにあるシカゴに夜行列車までは、約3600キロ・42時間の旅になってしまいます。バスでも同じ区間で47時間程度かかります。これでもアメリカを横断していないのですから、国土の広さがよく分かりますね。

でも飛行機を使えば、たった4時間程度でたどり着きます。あえて移動を楽しむような長期旅行でもない限り、アメリカ国内の移動では飛行機を利用すべきでしょう。

格安に旅するならLCCを探そう!

アメリカ国内の都市間移動には、よくLCCが選ばれます。アメリカで利用できる主なLCCとしては、サウスウェスト航空、アメリカン航空、スピリット航空、フロンティア航空、ジェットブルー、ヴァージンアメリカなどが挙げられます。

LCCの特徴は料金の安さにあります。参考程度ですが、ダラス・ボストン間やロサンゼルス・ニューヨーク間は約2万2000円で探せます。その分、シートが狭い・キャンセルできない・手荷物が別料金など、各会社により規定が細かく決められています。

利用できる都市は?

LCCも主要都市を網羅しているので、ロサンゼルス、サンフランシスコ、シカゴ、ニューヨーク、ボストンなど、アメリカ旅行に困らないほど多くの都市でLCCを利用できます。

こちらも参考程度ですが、フライト時間はサンフランシスコからシカゴまで直行便で4時間程度、シカゴからニューヨークまで直行便で2時間程度。ただしLCCの場合、同じ都市でもローカルな空港に到着したり、遅延や欠航をしたりする恐れもあります。時間に余裕を持たせるなど、LCCならではのチェックポイントもあることを覚えておきましょう。

LCCを賢く活用してお得な旅を

フライト中でも狭いシートで問題ないという方は、LCCはとても有効な選択肢と言えるでしょう。ホテルや食事やエンターテインメント体験など、旅行にはどうしてもお金がかかってしまうものです。LCCを賢く活用して、お得な旅を楽しみましょう。

※本記事は2017年3月時点の情報です

アメリカ旅行を探す

更新日:2018/12/11

アメリカ旅行を検索する

アメリカの海外旅行情報と格安航空券情報

ページトップへ