ハワイ ワイキキビーチ

ハワイで最も華やかな観光の中心地「ハワイ」と聞いて誰もがイメージするにぎやかなビーチ沿いに高級ホテルが並ぶエリア

ハワイ州のオアフ島にあるホノルル市は、州内の多数の人が住む政治・経済・文化の中心。その中にある「ワイキキ」は、ハワイを訪れるほとんどの人が足を運ぶ、観光の拠点となる場所です。西側と北側はアラワイ運河、東側はダイヤモンドヘッド、そして南側は長いビーチで囲まれたエリアで、ハワイのショッピング、グルメ、エンターテインメントが集中しています。

初歩から豆知識までワイキキを紐解く

カラカウア通りの標識

ワイキキはどんなところ?

ワイキキはオアフ島の南側にあるホノルル市の中心地で、北西から南東に傾いた約3km×約800mの(ゆがんでいますが)長方形のエリア。現地の言葉で「水が湧くところ」という意味で、もともとは湿地だったそう。20世紀初頭からは保養地として開発が進むようになり、現在では誰もが知る世界有数リゾートです。

ワイキキの中央部を通るのが、メインストリートのカラカウア通り。通りに沿ってショップ、レストラン、ホテルがずらっと並び、早朝から深夜まで人通りがなくなることはありません。南側の海岸線沿いにも高級ホテルが並んでいますが、中でも1901年開業の「モアナ サーフライダー」は、メインビルディングがアメリカの歴史的建造物に登録されている、格式高い名門リゾートです。

関連ページ:モアナ サーフライダー

ワイキキビーチを歩く女性

ワイキキ・ビーチはひとつじゃない?

高級ホテル群の海側には、ずっと黄金色の砂浜が続いています。この長い海岸線すべてを「ワイキキ・ビーチ」と思っている人が多いのですが、厳密にワイキキ・ビーチを指す場合は、ピンク色の建物で知られるロイヤル・ハワイアン・ホテルの前から、ハワイの伝説的なサーファー、デューク・カハナモクの銅像の前あたりまでの、長さ500m弱の砂浜のこと。その他は「クヒオ・ビーチ」や「カハナモク・ビーチ」など、それぞれ別の名前がついています。ただし、一帯を総称して「ワイキキ・ビーチ」と呼ぶこともあります。

ホテル前のビーチでもプライベートビーチではないことが多く、ホテル宿泊者専用のビーチチェアなどを除いては、誰でも無料できることがほとんど(ビーチチェアも有料で借りられる場合があります)。ちなみにこれらのビーチの砂浜は、定期的に沖合から砂を運び入れてつくられた人工的なものです。

日本人の子供

ワイキキにあるビーチの楽しみ方

小さな子供連れの家族旅行なら、防波堤に囲まれた波の穏やかなビーチがおすすめ。アクティブ派には、マリンスポーツが充実したビーチへ。静かに過ごしたいなら、人が少ない外れのビーチへ。このように、過ごし方でビーチが選べるのがワイキキのいいところです。

その他にも、サーフィンのレッスンやビーチヨガ、沖合へのクルーズなどなど、ビーチ周辺の楽しみ方は数え上げたらきりがないほど。ここを訪れるどんな人でも、楽しみを見つけられるのがワイキキのビーチのすばらしいところです。

関連ページ:ハワイ家族旅スタイル

※2017年10月現在の情報です、現地事情により内容が異なる場合がございますので、ご了承ください

おすすめ・関連コンテンツ

ページのトップへ