海外旅行 > ミクロネシア > グアム >  グアム観光 > グアム旅行の南西部観光情報

グアム観光ならDeNAトラベルにおまかせ!フィッシュアイ・マリンパーク、アプラ港、ココス島など見どころ豊富なグアム南西部の観光情報ガイドです。

グアム 格安で行ける!お得なグアム旅行情報が満載です。

グアムの観光情報

見どころ

フィッシュアイ・マリンパーク

ピティのラグーン沿いにあるアミューズメントパーク。海中展望台では、海に潜らなくても水深10mの海中世界を体験できます。海洋保護区に指定されているピティ湾の海中は、青く透明な海の中にサンゴ礁が広がりカラフルな熱帯魚が舞う、まさにパラダイス。
ピティ湾でのイルカウォッチングやシュノーケリング、クルージングといったアクティビティも満喫できます。

夜には南国ムードたっぷりのポリネシアンディナーショーもあり、子供から大人まで、ファミリーで一日中楽しめるスポットとして人気です。

アプラ港

1万トン級の船舶も接岸できるミクロネシア最大の港にしてグアム島の玄関口。北側の半島が商業港、南側が軍港です。

波の穏やかな商業港付近は、第二次大戦時に沈没した日本の「東海丸」と、第一次大戦中に撃沈されたドイツの「コモラン号」が見られる貴重なダイビングスポットとして有名。ダイビングやマリンスポーツを楽しむ人で、いつもにぎわっています。

タリファク・スペイン橋

タリファク川とタイレジャック川の河口近くに残っている古橋。18世紀のスペイン統治時代、ガリオン船貿易で栄えていたウマタック村とハガニアを結ぶために作られたものです。

眼鏡橋のような二連アーチの石造建築の橋は、スペイン時代統治時代の面影がそのまま残っています。

ソレダッド砦

ウマタック湾と集落を一望できるビューポイントとして人気のソレダッド砦。この砦はスペイン統治時代に交易船を海賊から守るため、サント・アンヘル砦、サン・ホセ砦とにも築かれました。

スペイン国旗が刻まれた3門の大砲は、レプリカとは思えない迫力。歴史を感じさせるサン・ディオニシオ教会と周辺の風景は見事です。

マゼラン上陸記念碑

ポルトガル出身の探検家マゼランのグアム初上陸を記念した碑。1926年に立てられた碑は高さ4mほどで、ウマタック湾沿いにたたずんでいます。

マゼランは1521年3月6日、西洋人として初めてグアムに上陸したといわれ、その地がウマタック村であったとされています。

ココス島

メリッツォ村からフェリーで約10分の離島。島周辺の海はサンゴ礁に囲まれ、鮮やかなブルーの色合いは歓声を上げたくなるほどの美しさです。

ウィンドサーフィンやパラセーリング、ウェイクボード、水上バイクといったアクティビティを楽しめます。島内ではイグアナやヤシガニなど南国ならではの生物を見ることができたり、絶滅危機品種であるココバード(グアムクイナ)の観察もできます。

エル・コンベント

グアム最古の僧院。1856年に建てられたこの建築物は、メリッツァとウマタックのカトリック教司祭の住居として使用されたもので、スペイン統治時代の貴重な文化遺産とされています。

建物自体は改修されていますが、天井部分に見える木の梁は建設当時のもの。僧院のすぐ近くにある石造りのベルタワー(鐘楼)も、観光スポットとして人気です。

その他の見どころ

太平洋戦争国立歴史公園アサン・ビーチ | アサン展望ポイント | ピティ・ガンズ | ラムラム山 | ガアン・ポイント・ビーチパーク | セラ湾展望台 | セッティ湾展望台 | コロンブスの丘 | カマリンの聖母マリア公園

グアムの近隣の国を探す

エリアから海外旅行情報を探す

  • アジア
  • ヨーロッパ
  • 中米・カリブ
  • 北米
  • 南米
  • ミクロネシア
  • オセアニア
  • アフリカ
  • 中近東

DeNAトラベルのお得な海外旅行を探す

おすすめ旅行情報

ページトップへ