香港旅行

香港の言語事情。英語より広東語が便利?

香港の言語事情はやや複雑。日常的に話されているのは広東語と英語です。たいていの観光地やショッピングならば英語で十分に通じますが、香港の人と話す場合などは、簡単な広東語を覚えることでコミュニケーションが円滑になります。中国返還以降は、標準中国語の北京語も使えるようになっています。

香港の言語は広東語と英語

漢字・英語併記の看板も香港で良く見る光景です。

香港で日常的によく使われる言語は、中国語の方言のひとつである広東語です。1997年の中国への返還後は、標準中国語である北京語も普及するようになりました。

国際都市としての顔を持つ香港では、英語もビジネス・観光業における優先的言語とされています。実際に街中でも漢字(繁体字)と英語の並列表記を見ることが多く、観光客の多いスポットでは店員さんでも英語・中国語(北京語)・広東語の3種の言語を使いこなします。

そのため香港旅行をするなら、言語は広東語と英語を押えておくのが良いでしょう。

旅行に便利な広東語集

簡単な広東語を覚えよう

簡単なあいさつは英語でも伝わるので大丈夫。でもせっかく香港に行くのならば、あいさつや感謝の言葉だけでも覚えて使ってみましょう。

  • ムゴーイ(唔該=すみません。ありがとう)…… お礼の言葉以外にも、何かお願いするときや店員さんを呼ぶとき、道をあけてほしいときにも使えます。
  • ネイホウ(ネイ好=こんにちは/こんばんは)…… 北京語では「ニーハオ」と発音するおなじみのあいさつです。
  • ハイ(係=はい)/ン・ハイ(唔係=いいえ)…… 「はい」は日本語と同じ意味です。
  • ゲイドーチン?(幾多銭=いくらですか?)…… 市場などでも使えます。
  • マイタン(埋単=お会計)…… 食事が終わって店員さんを呼ぶときに。テーブルに伝票を持ってきてくれます。

香港で実際話されている広東語

中国語だと思って聞いていても、あれ? と感じることも。

広東語は中国語の一種のため漢字は同じでも、言い回しや発音、特に語彙が全く違います。しかも広東語といっても、地域によってはさらに微妙な違いが出てきます。地元の人が集まる様な場所では、まれに英語や北京語が通じないケースも。

今はテレビなどのおかげで、中国人同士のコミュニケーションにはそれほど困らないそうですが、日本人からすれば、聞き慣れないと全く別の言語のように感じるかもしれません。広東語での旅行用単語は、事前に少し勉強しておくのがおすすめです。

海外ホテルを検索

広東語で香港の人と仲良くなろう!

広東語で話してみよう

観光で香港を訪れる日本人で、広東語を話す人はやはり少数派。片言でも広東語を話すと驚かれるとともに、買い物のやり取りが楽しくなること請け合いです。

マスターしようとすれば難しい広東語ですが、旅行で使うフレーズは限られています。香港に対する敬意を言葉で表すために、広東語での「こんにちは」「ありがとう」だけでもぜひ覚えていってくださいね。

※本記事の内容は、2016年10月時点の情報です。

香港旅行を探す

更新日:2017/12/16

香港旅行を検索する

香港の近隣の国

香港の海外旅行情報と格安航空券情報

ページトップへ