香港旅行

香港一人旅おすすめプラン。映画で観たあのエスカレーターを活用する

香港の一人旅におすすめ中環エリア。香港映画でお馴染みの長いエスカレーター、高級感満載の大型ショッピングモール、ひとりで気軽に入れる飲茶専門店まで。香港ひとり歩きにぴったりのスポットをまとめてみました。

香港旅行探す

一人旅におすすめの中環(セントラル)エリア

香港の中でも中環(セントラル)エリアは、見どころが詰まっているエリアです。日本に置き換えると、大手町のような金融街と銀座のようなショッピングエリアに例えられ、また上野や浅草のような露店街が混在しています。

一人旅の目的として、「気晴らし」や「ゆっくりと時間を過ごす」ことを目的にしている人も多いはず。そのため、一人旅なら派手なアクティビティより、観光地巡りやショッピングを楽しみたいところ。そんな要望にもバッチリ合う中環(セントラル)エリアで、自由気ままに一人の時間を堪能してみるのはいかがでしょうか?

中環(セントラル)エリアでのおすすめスポット

中環(セントラル)エリアの観光でまずおすすめなのが「ヒルサイド・エスカレーター」です。世界で一番長いエスカレーターと呼ばれており、全長は800メートルにも及びます。映画やドラマにも多く登場しているスポットです。エスカレーターの途中に多くの観光スポットが点在しているため、これを軸に観光プランを立ててみるとスムーズにいきそうです。

高級感を味わいたいなら、「IFCモール」や「The Landmark」という高級ショッピングモールがおすすめです。有名ブランドのショップやレストランが軒を連ねています。日本よりも気軽に、ちょっとリッチな気分を味わえるかも。

一方で香港の庶民的な雰囲気を味わいたいなら、「結志街」がおすすめです。肉屋、魚屋、八百屋などが並ぶマーケット通りで、まさに中環の台所、といった雰囲気を楽しめます。また、中環(セントラル)の観光で忘れてはいけないのが「SOHO」と呼ばれるエリア。こちらも人気観光地のハリウッド通り以南の場所を指し、さまざまな国籍の料理が楽しめる美食街として知られています。異国情緒を肌で感じながら、街をぶらぶらしてみてはいかがでしょうか。

香港の一人旅では飲茶を頼みにくい?

香港に来たらぜひ味わっておきたいグルメのひとつが飲茶です。日本人の味覚にあうものが多く、いろいろな味が楽しめる飲茶。ただ、一人旅では飲茶専門店に入りづらいイメージを持たれている人もいるかもしれません。

しかし、香港では気軽に入れる雰囲気の店が多く、特に観光客よりも地元の人に愛されているタイプの店の場合、早朝は点心をサッと食べてから仕事に行く、という香港人も多く見られます。そのため、地元の香港人に混ざって気楽に味わいましょう。こなれた風情で飲茶を楽しめば、むしろ香港通のようにも見えてしまうかもしれません。

香港旅行検索する

一人旅におすすめ旅行先をもっと探す

ページトップへ