タイ旅行

タイ旅行のオススメな服装と気をつけるべきポイントとは?

タイは暑い国と思われている方も多いと思いますが、季節や地域によって違いがあります。常夏のイメージの強い国ですが、12月頃から気温が下がり、1月には20度を下回ることから外でも長袖が必要になってきます。意外と知られていないタイの気候と、タイ旅行の服装のポイントについてご紹介します。

タイ旅行探す

タイの1年の気候

タイは年間を通じて気温が高く、バンコク、プーケット、チェンマイ、アユタヤであれば1年を通して最高気温は30度を超え、最低気温は1月の平均16度を除いて平均20度ほどです。

また、タイは暑季、雨季、乾季の3つの季節があります。3月から5月が暑季にあたり、平均30度前後で最高気温が40度を記録する日も出てくるなどかなり暑いため、この時期はできるだけ涼しい装いが望ましいでしょう。

6月から10月は雨季で、一日中雨が降るという訳ではなく、短い時間、突発的な大雨になったりするので、折りたたみ傘やレインコートを持ち歩きましょう。11月から3月は乾季と呼ばれる時期で、山間部近くは夏服では寒い場合もあります。

普段の服装

基本的にタイは高温多湿、不快指数は高めです。1年を通して蒸し暑く、観光客の多くは半袖短パンでいる人が多いです。ただ、タクシー、ホテル、デパート、レストランのように冷房が強めにかかっているところも多いため、カーディガンやストールなどを1枚持って行くと重宝します。とにかく温度変化が急激にくるので、冷え性の人は薄手のダウンべストなどがあってもいいかもしれません。

北部地方では12月から3月までは気温が16度ぐらいまで下がる日も増え、この期間は日本でいう春や秋ごろの衣料を持って行くのがよさそうです。

寺院での服装

タイでの観光のメインといえば寺院巡りです。タイの寺院はとても神聖な場所であり、中に入る時には服装に注意が必要です。露出の多い服は規制されており、短パンやタンクトップ、サンダルがNGなところもあります。

そこで、寺院巡りの日だけは長袖シャツと足の隠れるズボンを用意するか、サッと羽織れるものを持ち歩くのがいいでしょう。参拝客に羽織を貸与してくれる寺院もありますが、有料だったり無料だったり対応はさまざまです。

高級レストランやクラブでのドレスコード

宿泊するホテルによってはドレスコードがある場合も。といってもフランクな国ですから、他国に比べてそこまで厳しくはありません。

「五つ星ホテルのレストランに行く」など、服装が気になる場合に推奨できるのは『スマート・カジュアル』。男性ならばボタンダウンのシャツやポロシャツにパンツ、女性ならブラウスにスカート、ワンピースなど。男女ともに、短パンやハーフパンツ、ビーチサンダルなどは避けるのが無難です。きちんとした施設ほど冷房が強くきいているので、冷え対策の意味もあります。現地で調達するという手も。

タイは日差しにも注意が必要

服装にプラスして持って行くと重宝するものは、日差しを避けるアイテムです。タイの日差しはとても強く、観光するとなると一日中外を歩くことになるので帽子やアームカバーなどがあったほうがいいですし、日焼け止めはSPF30以上のものを選びましょう。また、タイは蒸し暑い国です。日焼け止めが汗で流れてしまうことを考え、こまめに塗りなおしましょう。

タイ旅行検索する

ページトップへ