タイ旅行

アクセス良好!タイ旅行で訪れたい世界遺産とその見どころを紹介

タイにはユネスコに登録されている世界遺産が5ヵ所あります。タイ旅行に行くならぜひ訪れてみたい世界遺産、歴史ある遺跡群や壮大な森林群は見どころ満載で、必ず訪れたいスポットです。今回は、特に旅行者から人気の高い3つの世界遺産について、その見どころをご紹介します。

タイ旅行探す

古都アユタヤ

アユタヤはバンコクから日帰りで観光できる人気スポット。

14世紀から17世紀まで栄えたアユタヤ王朝の栄華と衰退の歴史を目のあたりにすることができます。送迎つきのツアーを申し込むのも手ですが、バンコクからはロットゥー(小さいバス)、電車、タクシーなどでアクセス可能。車で1時間半程度です。

『ワット・プラ・マハタート』

アユタヤにある世界遺産のひとつ。アユタヤ王朝3代目の王であるボーロマ・ラーチャーティラート1世によって建てられました。1374年に作られた大寺院ですが、ミャンマー軍との戦いで破壊されており、現在もその姿のままに残されています。

戦争の際、ミャンマー軍によって破壊された仏像は、首を切られているものばかりです。菩提樹の根に埋もれた仏頭は近くで見ると、非常に迫力があります。

アクセス情報ほか
  • 【営業時間】8時から18時
  • 【定休日】なし
  • 【住所】 District, Phra Nakhon Si Ayutthaya, タイ

『ワット・プラ・シー・サンペット』

アユタヤ王宮にあるなかで、最も重要な寺院。東西に並ぶ三つの仏塔には、3人の王の遺灰が納められているといわれています。

1491年に建立された王室守護寺院は、以前には仏塔の東側に本堂がありました。本堂には16mの黄金仏も安置されていましたが、ミャンマーとの戦いで破壊されました。しかしそれでも、他の寺院と比べればまだ保存状態の良い遺跡なのです。

夜の遺跡観光が楽しめるライトアップが行われており、ロマンチックな雰囲気を楽しむことができます。

アクセス情報ほか
  • 【営業時間】8時から18時(ライトアップは19時-21時)
  • 【住所】Amphur Muang, Ayutthaya 13000

『ヴィハーン・プラ・モンコン・ボピット』

『ワット・プラシーサンペット』の隣にある、『ヴィハーン・プラ・モンコン・ボピット(ヴィハーン・プラ・モンコン・ボーピット)』。本堂はタイならではの派手な装飾で彩られ、黄金に輝く大仏が安置されています。これはタイ最大の大仏で、高さ17mのブロンズ製の仏像はまさに圧巻。奈良の大仏よりも大きいタイの黄金大仏は、見るものを圧倒します。

アクセス情報ほか
  • 【住所】Pratuchai Phra Nakhon Si Ayutthaya, 13000

『ワット・ローカヤースター』

タイの観光名所として真っ先に思い浮かべるのが、このワット・ローカヤースター。アユタヤの強烈な日差しと、雨にさらされながら横たわる寝仏です。およそ28mの寝仏は迫力満点。アユタヤ観光でも1番の人気スポットです。

アクセス情報ほか
  • 【住所】Pratuchai Phra Nakhon Si Ayutthaya Amphoe Phra Nakhon Si Ayutthaya

『ワット・ヤイ・チャイ・モンコン』

初代アユタヤ王が1357年に建てた寺院。アユタヤで2番目に高い仏塔は、72mの高さを誇り、周りには何体もの仏像が並んでいます。1592年に19代ナレスアン王が象にまたがり、一騎打ちでミャンマー王子に勝利した記念で造られました。

アクセス情報ほか
  • 【住所】Phra Nakhon Si Ayutthaya District, Phra Nakhon Si Ayutthaya, Thailand

スコータイ遺跡(『スコータイ歴史公園』)

スコータイとは13世紀に成立したタイ最初の王朝で、タイ文字を作り出し、仏教の普及に尽力、文化芸術を振興するなど、現在のタイ文化の礎を築き上げたことで知られています。

現在スコータイの遺跡はタイ王国発祥の地として、タイ北部の観光名所となっています。

アクセス情報ほか
  • 【営業時間】6時半から18時、土曜は21時まで営業(土曜は18時-21時の間ライトアップあり)
  • 【定休日】なし
  • 【住所】Muangkao, Amphur Muang, Sukhothai 64210
  • 【アクセス】スコータイ市内プラルアン橋近くよりソンテウ(小型トラック風乗り合いタクシー)に乗車

『ワット・マハタート』

ワット・マハタートは、スコータイ歴史公園内で最も重要な寺院とされ、見ごたえのあるスコータイ遺跡の中心的存在です。たくさんの仏塔や仏像、寺院跡の古びたれんがの柱などが並んでいます。見るところが多く広いため、レンタル自転車での散策が便利でしょう。

アクセス情報ほか
  • 【営業時間】8時から17時
  • 【アクセス】新市街からバスで30分
  • 【住所】Muangkao, Amphur Muang, Sukhothai 64210

『ワット・チャーンローム』

タイ語で「象が囲む寺」という名の通り、たくさんの象の像に囲まれた寺院です。象の半身像39頭が基壇を囲み、その上にセイロン様式の巨大な仏塔は見ごたえあり。周りに遺跡が集中することから、見渡すだけでスコータイを満喫できます。

アクセス情報ほか
  • 【営業時間】8時から17時
  • 【住所】Muangkao, Si Satchanalai, Sukhothai 64130
  • 【アクセス】遺跡公園入り口から約1km、スコータイ市内からは車で1時間。市内の市場から路線バスあり

『ワット・シー・サワイ』

もとはヒンズー教の神殿として建てられ、後に仏教寺院に改造されました。他の寺院とは異なる仏塔や、ヴィシュヌ神の石像など、ヒンズー教の面影がたくさん残っており、歴史を感じさせてくれます。

アクセス情報ほか
  • 【営業時間】8時から17時
  • 【住所】Mueang Kao Muang Sukhothai, Sukhothai 64210
  • 【アクセス】新市街からバスで30分

『ワット・シー・チュム』

歴史公園の城壁の西北にある寺院。高さおよそ15m、幅11・3mという大きさを誇るスコータイ王国最大の大仏座像『アチャナ仏』が、礼拝堂に収められています。タイの人々は、この公園を訪れたら最初にこの像を参詣することが慣習になっています。

アクセス情報ほか
  • 【営業時間】8時から17時
  • 【住所】Mueang Kao Muang Sukhothai, Sukhothai 64210
  • 【アクセス】新市街からバスで30分

『ドン・パヤーイェン-カオ・ヤイ』森林群

バンコク北東部の6県をまたいでカンボジア国境まで広がる、約61.5万haもの森林地帯です。手付かずの自然が残されており、シロテテナガザル、マレーヤマアラシ、最も原始的な猿といわれるスローロリスなど珍しい野生動物が生息している貴重な森です。

歴史遺産とは違う大自然の遺産は観光地としても人気で、避暑地としても人気の高いスポットです。バンコクからは車で2時間ほど。

まとめ

タイの世界遺産は世界中からも多くの観光客が訪れる、大変人気の観光スポットです。特に首都バンコクからのアクセスが良いアユタヤ遺跡、スコータイ、熱帯の森林群はおすすめ。旅行のハイライトとして、ぜひ旅程に組み込みましょう。

タイ旅行検索する

ページトップへ