スペイン旅行

スペイン旅行で着ていくべき服装とは

スペインは中央部、地中海沿岸、北部で気候が異なり、また中央部から北へ行くほど寒くなってきますので、冬には防寒対策も欠かせません。気候の変化に対応できるよう、Tシャツ以外にジャケットなどの羽織るものを持って行くと調節が利きます。さらに石畳が多いので、歩きやすい靴を履いて行きましょう。

南欧スペインなら服装もTシャツでOKですか?

旅先ではおしゃれをしたくなりますが、風邪をひいては旅が楽しめません。何よりもその土地の気候に合わせた服装を選ぶことが大切です。知らないと後で大変、今回はスペインの土地柄にふさわしい服装をご紹介します。

中央部・地中海沿岸・北部で異なる気候

スペインの地中海沿岸は比較的温暖な気候ですが、スペイン北部の大西洋岸へ向かうとだんだんと寒くなっていきます。イベリア半島を南北で縦断する旅程であれば、服装にも注意が必要です。

特に、冬に中央部や北部への旅行を計画している場合は、防寒対策は必須です。携帯用のコンパクトなダウンジャケットなどなら、使い勝手も良いでしょう。

夏は紫外線が強い!UV対策も必須

スペインの夏は、日本と変わらず暑いです。熱中症対策のためにも、服装は涼しさを重視しましょう。紫外線も強いため、出歩く際はサングラスをかける、UVカットの上着を羽織る、日焼け止めを塗るなどの対策は必須です。

春秋は脱ぎ着しやすい服装で

春と秋は日本と同じく、夜は肌寒くなることもあります。ポイントは着脱しやすい服装です。上着に薄手のカーディガンやジャケットなどを選ぶと、旅先でも脱ぎ着に便利です。

石畳の道は歩きやすい靴で

他のヨーロッパ諸国同様、スペインの街も石畳の道が多いです。そのためヒールの高い靴や安定性がない靴はおすすめしません。スニーカーなど、いつも履いている歩きやすい靴を選ぶことがポイントです。

服装選びは慎重に

ヨーロッパの国々の中では温暖なイメージのスペインですが、中央部や北部では冬に雪も降るなど、地方によって気候はさまざまです。旅先では地方ごとに多少服装を変える必要も出てくるでしょう。

※本記事は2017年2月時点の情報です

スペイン旅行を探す

更新日:2018/09/22

スペイン旅行を検索する

スペインの主要都市

スペインの海外旅行情報と格安航空券情報

ページトップへ