イタリア旅行

イタリア旅行で買いたいアクセサリー&ジュエリーブランド

ファッションの国イタリアは、アクセサリーやジュエリーのブランドがたくさんあります。グッチやプラダなど有名どころのブランドをはじめ、日本ではあまりなじみの無い新進気鋭のデザイナーブランドまで、イタリアには魅力的なラインアップが豊富。一度は手にしてみたい!という方も、ひそかにあこがれを抱いているという方も、必見です。

大切なあの人へ贈るアクセサリー

今回はイタリア発のブランドを一気に紹介します。あこがれのイタリアンファッションを身にまといましょう。

ダミアーニ

ダミアーニは最高級の品質と、独創的なデザインが特徴的なジュエリーブランド。指輪をはめた時のフィット感には定評があり、結婚指輪としてもあこがれのブランドだと言われます。華やかでエレガントなモチーフが多く、チョウや十字架など女性らしさが垣間見えます。この伝統的な宝飾職人の総本山はミラノにあり、多くのセレブたちも訪れます。

ブルガリ

日本でも若者に香水が流行したブルガリも、イタリア発祥のジュエリーブランド。時計なども国内外から人気があるアイテムです。1884年ローマで創業し、今でもコンドッティ通り10番地にある本店には、世界にひとつしか無いプレシャスジュエリーの展示もしています。格調高いハイブランドならではの、芸術的な色彩感覚を味わいましょう。

イオッセリアーニ

イタリアの金細工技法を受け継ぎ、伝統的アイコンと時代性をくみ取ったコンテンポラリージュエリーが強く支持されているイオッセリアーニ。シーズンごとに変化するコレクションは、常に今まで見たことが無いと思わせる斬新さを持ち、世界が常に注目をするブランドです。

この個性的なブランドの発祥地はローマ。バールを改装してオープンした店舗は、ブランドをけん引する2人のトップジュエリーデザイナーのアイデアとエネルギーが凝縮しています。

マルコ・ビチェゴ

ヴィチェンツァ生まれのジュエリーブランド、マルコ・ビチェゴのコンセプトは「Everyday Luxury」。2000年創業の、比較的新しいイタリアジュエリーブランドです。熟練した職人たちが全て手作業で行うテクニック「インチーゾ」の独自技法が、ブランドの特徴となっています。繊細な加工が施されたゴールドの上品な輝きは、カジュアルからドレスアップまで幅広くファッションに合うと、おしゃれ上手たちの人気を集めています。

ヴィチェンツァに構える店舗は、やはりカジュアルで開放的なデザイン。イタリアの陽気さに包まれているような雰囲気です。

グッチ

世界的ブランド、グッチ。デザイナーや日本の人気アニメとのコラボレーション商品のラインアップも注目の、誰もが楽しいブランドです。おなじみのアイコンは進歩的なファッションの象徴。近年ではイタリアの職人気質に大胆とも言えるセクシーさを吹き込み、常に新しいライフスタイルを提供してくれます。

その歴史は1921年、フィレンツェにレザーグッズのファクトリーショップをオープンしたことに始まります。顧客たちは乗馬から着想を得た数々のバック、トランク、手袋、靴、ベルトなどを、このファクトリーショップで購入していったと言われています。

サルヴァトーレ フェラガモ

サルヴァトーレ フェラガモは、自身の名を靴のブランドに名づけ設立しました。わずか15歳で渡米し、足を痛めず履き心地も良い靴を製作するために、南カリフォルニア大学で解剖学を学び、数々の特許と多くのセレブたちを顧客として獲得しました。

スターの靴職人は、足に触るだけでその人の体調が分かったと言われるほど、本物の職人だったようです。フィレンツェにある本店には、その功績を併設するミュージアムに残しています。

プラダ

プラダは1913年、マリオ・プラダがミラノで創業しました。世界中から質の高い革や珍しい素材を集め、イタリア職人による伝統的な技術で豪華なアイテムとし、その確かな品質がブルジョアの間で評判となり世界中にその名を広めました。レザー製品で有名なプラダですが、「ポコノ」という軽くて強いナイロン素材のバッグは現代女性の合理的な嗜好に合い、今でも圧倒的な支持を集めています。

歴史と伝統を象徴するように、プラダの本店は世界でも最も古いアーケードのひとつ、ミラノのヴィットリオ・エマヌエレ2世ガッレリアの中で営業しています。

※本記事は2017年1月時点の情報です

イタリア旅行を探す

更新日:2018/11/16

イタリア旅行を検索する

イタリアの海外旅行情報と格安航空券情報

ページトップへ