マレーシア旅行

お得にマレーシア旅行するならLCCを使おう! どの航空会社を選ぶ?

マレーシア旅行ではLCCの利用が便利です。クアラルンプールやペナン、ランカウイなどへマレーシアのLCC・エアアジアが就航しており、コタキナバルへは台湾のタイガーエアの路線も開設されています。

やっぱりお得で納得!LCCでマレーシア旅行

マレーシアに安く旅行に行くなら、格安航空会社のLCCがおすすめです。LCCは国内海外のLCCも含め、おすすめの航空会社をしっかり調べて交通費を節約しましょう。

クアラルンプール直行便ならエアアジア

エアアジアのグループ会社・エアアジアXは、マレーシアのLCCです。日本へは羽田空港・関西国際空港・新千歳空港の便が就航しており、特に羽田空港へ数多くの直行便が設定されています。

羽田から首都のクアラルンプールへの直行便の場合、運賃は片道5万円を超えない設定になっていて、しかも割引運賃が適用されればその半値以下で利用できます。機内食や手荷物代を事前にオプションで頼む必要もありますが、それでも一般的な航空会社に比べれば圧倒的に安いので、旅費を抑えたい人にとってメリットは大きいでしょう。

ペナンやランカウイもエアアジアで

日本からペナンやランカウイへ行く場合も、エアアジアを使用すると格安で利用できます。クアラルンプール空港で乗継することになりますが、それでも値段が膨れ上がるようなことはありません。

タイガーエアの利用も

マレーシアのコタキナバルへは、台湾のLCC・タイガーエアも就航しています。台北での乗継が発生しますが、エアアジアを利用する場合でもクアラルンプールで乗継が必要なため、乗継にかかる時間によっては早く到着することもあります。

マレーシアへの乗継便によるフライトは、実は数多くの航空会社で設定されています。比較サイトなどを利用すれば、エアアジア以外にもお得なフライトを見つけられるでしょう。

乗継時間が長い場合でも、例えばタイガーエアを利用して台湾観光を挟むなど、旅にマレーシア以外での観光を追加することもできます。日程や予算に合わせて、さまざまなバリエーションで旅程を組んでも良いですね。

LCCを活用して快適な旅を

マレーシアは行く場所によりLCCを使い分ければ、安くても快適に旅行できます。できる限り交通費を節約できると、他にかかる旅行費を充実させられ、結果的に満足度の高い旅行につながるでしょう。

※本記事は2017年2月時点の情報です

マレーシア旅行を探す

更新日:2018/08/20

マレーシア旅行を検索する

マレーシアの海外旅行情報と格安航空券情報

ページトップへ