マレーシア旅行

ジャングル探検ならマレーシア! 3つの厳選スポット教えます

マレーシアには熱帯雨林が多く残り、その一部は見学可能です。マレーシアの原生植物や、この地域にしか生息しない動物を見つけられるので、マレーシアのジャングルは訪れる価値があります。

秘境のジャングルクルーズへ出掛けよう!

熱帯雨林気候に属するマレーシアは豊かなジャングルがたくさんある国です。日本では体験できない景色を求めて、ジャングル探索に出掛けてみましょう。おすすめの3つのジャングルスポットを紹介していきます。

おすすめのジャングル1.グヌン・ムル国立公園

世界自然遺産のグヌン・ムル国立公園は、うっそうと生い茂る木々が織りなすジャングルと、雄大に流れる川をトレッキングして楽しむ壮大な熱帯雨林です。いまだに人を受け付けない場所も、数多く残されているそうです。

この森を世界遺産たらしめるのは、その下にある洞窟の数々。現在100ほどの洞窟が発見されていて、そのうちの公開される4つの洞窟はどれも世界最大級の巨大さを誇ります。冒険気分を味わいたい人にとって、グヌン・ムル国立公園はマストスポットと言えるでしょう。

グヌン・ムル国立公園
  • 【URL】http://mulupark.com/
  • 【アクセス】ボルネオ島のムル空港より徒歩約15分

おすすめのジャングル2.キナバル自然公園

キナバル自然公園も世界自然遺産に登録されるジャングルです。最大の見ものと言われるのが、世界最大級の大きさを誇り、強烈なにおいでも知られるラフレシア。他にも食虫植物のウツボカズラなど、ここでしか見られない熱帯雨林の植物と出会えます。

公園内の登山道は整備されており、またガイドの同行が必要ですので、ジャングルへの旅は比較的誰にでも容易ではないでしょうか。

キナバル自然公園
  • 【URL】http://www.sabahtourism.com/destination/kinabalu-park
  • 【アクセス】コタ・キナバルから自動車で約2時間

おすすめのジャングル3.タマンネガラ国立公園

マレー半島の中部にあるタマンネガラ国立公園には、標高2000メートルを超えるタハン山を中心とする命のジャングル。この広大な熱帯雨林に、マレーバクやトラ、アジアゾウなど、多くの動物が生息しています。

マレー半島固有の種も多いので、ここでしか見ることのできない野生の動植物を楽しんでください。

タマンネガラ国立公園
  • 【URL】http://www.taman-negara.com/
  • 【アクセス】クアラルンプールから車で約3時間

ジャングルで一生忘れられない思い出を!

日本にいるとジャングルを体験する機会はほとんどありません。マレーシアを訪れたら、ぜひ動植物が織りなす小さな宇宙を体験してみてください。

※本記事は2017年2月時点の情報です

マレーシア旅行を探す

更新日:2018/12/15

マレーシア旅行を検索する

マレーシアの海外旅行情報と格安航空券情報

ページトップへ