マレーシア旅行

マレーシアの民族衣装はとってもおしゃれ!女性用&男性用徹底解説

マレーシアの女性の民族衣装は、ゆったりとしたツーピースのバジュクロンにカラフルなスカーフのヒジャブを組み合わせたものです。男性は、カタヤという帽子にバジュマラユというスーツタイプの民族衣装を合わせます。

自分用にもステキです!マレーシアの民族衣装

東南アジアの国々に旅行すると、その色とりどりの民族衣装に魅了される人が少なくありません。ムスリムの多いマレーシアには独特の民族衣装があります。ここではカラフルで魅力的な民族衣装を紹介します。

女性はカラフルなバジュクロン

マレーシア女性の伝統的な服装は、バジュクロンというカラフルな民族衣装です。バジュクロンはツーピースで、上半身はトップス、下はスカート、丈やバックデザインは好みで選べます。全体的にゆったりとしたデザインになっています。

布地にもさまざまな種類があり、色合いも学生の制服のようなシンプルなものからカラフルなもの、中にはレースやビーズなどのゴージャスなイメージのものもあります。

ムスリマに必須のヒジャブがおしゃれ!

イスラム教徒の女性であるムスリマと言うと、いつもスカーフのようなものをかぶっているイメージが強いのではないでしょうか。これはイスラム教徒には、外出するときは手と顔以外の部分を覆う習慣があるから。

このスカーフはヒジャブと呼ばれます。ヒジャブは色や柄がさまざまで、服装に合わせてコーディネートするとおしゃれです。巻き方もいろいろなバリエーションがあり、おしゃれなピンでとめてアクセントにすることもポイントです。

男性はバジュマラユとカタヤ

バジュクロンの男性版とも言える衣装が、バジュマラユです。やはりゆったりとしたデザインのトップスとパンツの、スーツタイプの服装です。

また、ムスリムの男性がかぶる帽子はカタヤと呼ばれます。カタヤには定番の黒や白の他にカラーバリエーションもあります。男性の服とは言えカラフルで目立つ服装が多く、バジュクロンを着ている女性と一緒に歩くととても引き立ちます。

魅力的なマレーシアの民族衣装

ムスリムの文化が反映されたマレーシアの民族衣装は、肌を露出しない慎み深さが特徴です。その一方で色鮮やかで個性豊かな華やかさも持ち合わせており、とても魅力的です。

※本記事は2017年2月時点の情報です

マレーシア旅行を探す

更新日:2018/08/19

マレーシア旅行を検索する

マレーシアの海外旅行情報と格安航空券情報

ページトップへ