グアム旅行

iPhoneの充電は可能?グアムのコンセントの形状や電圧について

海外旅行をする際に気になるのが、普段日本で使用している電化製品が支障なく使えるかということ。国によってコンセントの形状は異なり、AタイプやBFタイプ、SEタイプなど、7種類もあることをご存知ですか?グアムのコンセントは、一体どの形状なのでしょうか。

グアム旅行探す

グアムのコンセントの形と電圧

日本の電圧は通常100ボルトですが、グアムは110から120ボルト。電化製品によっては対応していないものがあるため、アダプターや注意書きのシールをチェックしておきましょう。

例えばドライヤーでは「INPUT AC 100V-240V 50-60Hz」「入力電圧・電流AC100V-240V 50-60Hz」といった表記があれば、そのまま使うことができます。

グアムのコンセントの形状は、日本と同じ形状のタイプと、3つ穴の形状のタイプの、計2タイプです。

どちらも日本にいる時と同じようにプラグをコンセントに差し込めるため、表記の確認をせずに110から120ボルトに対応していない電化製品を使用してしまうことがあります。

中国やイギリスのようにコンセントの形が違う場合は、そもそも差し込むことができません。しかしグアムのように日本と同じコンセントの形をしている場合、電圧が違うのにうっかり差し込んでしまう可能性があるのです。

電圧差が10ボルトから20ボルトと小さいので故障する確率は低いですが、対応電圧より大きい電圧が流れるのは危険が伴いますので、じゅうぶんに注意しましょう。

変圧器が必要な場合

100ボルトしか対応していない電化製品をホテルやレストランで使う時は、変圧器が必要です。短期の海外旅行者向けに1,000円から2,000円ぐらいで変圧器をレンタルしているところもありますので、探してみるといいでしょう。

iPhoneの充電について

アップルの代表的な製品であるiPhoneは、そのシンプルなデザインから多くの日本ユーザーを獲得しました。iPhoneを持つ日本人の多くが海外旅行で心配なのが、滞在先でも問題なく充電できるかどうかです。

iPhoneは世界中で使われることを想定しているため、数多くの言語に対応しており、各国の電圧差も考慮されて製造されています。これは、グローバルに事業展開しているアップル製品の強みです。

日本で販売されているiPhoneのアダプターは、電圧が100ボルトから240ボルトと広範囲の電圧をカバーし、周波数については50Hzまたは60Hzとなっています。

グアムのコンセントは日本と同じ形ですので、いつも使用しているiPhone付属のアダプターであれば、そのまま使うことが可能です。ただし、USB接続のアダプター部分に他社の互換品を使用している場合は電圧が対応していないことがありますので、注意しましょう。

グアム旅行検索する

グアムの海外旅行情報と格安航空券情報

ページトップへ