香港旅行

香港で有名な2階建てバス。そのスリルを味わうポイント

香港を走る2階建てのローカル路線バスは、香港名物の公共交通機関です。れっきとした市民の足ではありますが、突き出した街並みが間近に迫るスリリングな光景が、いまや観光客にも大人気。誰でも気軽に乗れますが、複雑な路線は事前によく確かめましょう。また、屋根のないオープントップバスも観光におすすめ。こちらはツアー客向けのサービスであることが多く、事前予約が必要です。

香港旅行探す

香港をバスでめぐる

香港全域をくまなく走る市内バスのほとんどが2階建てです。路線はかなり複雑で、乗る前の路線と行き先のチェックは欠かせませんが、地元の人に交じって下町の風景の中を走れば、リアルな香港の暮らしが身近に感じられるでしょう。

また、近年人気を集めているオープントップバスは、公共交通機関ではなく観光ツアー向けの特別な乗り物。風をダイレクトに受けながら見渡す街並みは、爽快の一言!

乗車は前から!コインかオクトパスを用意しよう

バス停には発着するバスの会社名と路線番号のほか、運行ルートが掲示されています。ローカルバスは実は観光客にとってはもっともハードルの高い乗り物で、香港でもバスの路線はかなり複雑なものになっています。どこからどこに向かうバスなのか、停留所は合っているか、乗車前によく確認しましょう。

目的のバスが来たら、車体に表示されている路線番号と行き先を確認してから乗り込みます。前から乗車し、料金は先払いです。料金箱に金額が書かれたプレートがあるので必要な額を払いましょう。

現金の場合はおつりが出ないので小銭を用意します。両替機も設置されていないので、プリペイド式の交通決済カード『オクトパス(八達通)』を持っていた方が安心です。社内はかなり広く、ベビーカーを置くスペース。路線や乗り方さえマスターすれば、小さなお子さま連れの方でも便利に使えそうですね。

イチオシはやっぱり2階の窓際!

道路に突き出した看板をギリギリでよけながら走る、そんなスリルを味わうにはやはり2階席です。

活気あふれる香港の下町を縦横無尽に走り抜ければ気分は爽快!2階席へ行くには運転席の後ろにあるらせん階段を上がります。冷房車では空調も効いているので快適ですよ。

降りるときは赤いボタン

バスによっては車内アナウンスがないこともあるので、電光掲示板や車窓の風景に目を凝らしておく必要があるでしょう。目的の停留所が近づいたら座席の横などに「STOP」と書かれたボタンを押します。

降車は「落」と表示がある後方のドアから。2階席に座っている場合は降り損ねることのないように、前もって1階に下りておくと失敗がありません。

香港の街を爆走!“屋根なし”2階建てバスもおすすめ

鮮やかなラッピングが施され、見るからに公共交通機関とは異なる派手なバスは、通称「オープントップバス」と呼ばれています。2階席は屋根がなく、乗客は海外旅行者がほとんど。これはツアー会社が運営する観光サービスの一環で、停留所に止まるわけでもなければ、誰でもすぐに乗れるわけでもありません。

現在さまざまな企業がツアーを企画・提供していますが、どれも事前に予約申し込みが必要です。こちらは近年人気が急上昇しており、観光地巡りやトラムつき・食事つき・ナイトクルージングつきなどさまざまなオプションがそろっているので、お好みで選べるのがポイントでしょう。

路線バスと同じ、メインストリートを爆走するネイザンロード(彌敦道)ドライブツアーや、夜景を堪能できる夜のドライブツアーがおすすめです。

※本記事の内容は、2016年10月時点の情報です。

香港旅行検索する

ページトップへ