香港旅行

小腹が空いたらツルっと食べたい!香港のファストフード・ワンタン麺

ちょっと小ぶりの器に入った香港のワンタン麺は、海老入りワンタン、細めの卵麺、あっさりスープの三つの要素が味わいのポイントです。お店によってさまざまなアレンジが楽しめる、究極のアジアン・ファストフードといるでしょう。

香港旅行探す

香港の庶民の味

香港ではさまざまな中華料理を楽しむことができます。高級レストランの満漢全席から、街場の屋台の一品まで、予算と好みに応じて選択肢は多彩です。

その中でも香港の庶民に最も愛されているものといえば、それはワンタン麺でしょう。香港のワンタン麺は日本のものとは一味違います。

プリプリの海老ワンタンとしこしこの細麺

海老入りワンタン麺(鮮蝦雲呑麺)は、香港を代表するB級グルメ。プリプリの海老が入ったワンタンは、麺より下に置かれて出されることもあるようです。

理由は、麺が伸びないようにするためなんだとか。「まさかの具なし!?」と驚く前にまず、お箸やれんげで器の下のほうを探ってみましょう。

小麦粉を卵でつなぎ、かんすいを配合した卵麺には独特のこしがあり、中でも細めのちぢれ麺(幼麺(ヤウミン))を使うのが香港ワンタン麺の基本です。主に広東系のローカルな店で食べることができます。

注文の仕方は簡単。店員さんに注文すると、大抵は手書きのメモに書き写され、料理と一緒にテーブルに置かれます。食後にこれをレジに持って行って代金を払います。

混雑する時間帯は相席が基本なので、香港ワンタン麺初心者には敷居が高い感じもしますが、ぜひローカルな雰囲気を楽しんでみましょう。

女性でもぺろっといけます!

うどんや蕎麦など日本で食べる麺類と比べて、香港の麺はちょっと小ぶりなサイズなので、女性にもピッタリです。また、グルメなお店をハシゴしたあとで、最後の締めに食べるにも最適なサイズです。

香港ワンタン麺のスープは、カレイの天日干し、貝柱、羅漢果、干し海老などから取ったダシを使ったあっさりスープが基本です。お店によっては、ゴマ風味などでアレンジが加えられる場合もあります。

牛骨などを使ってパンチのあるスープに仕上がるのが広東系。麺の種類もうどん風のもの、米粉を使ったもの、きしめん風のものなどいろいろ。香港の中でもお店ごとのスープの香りや食感の違いがあり、それもまた楽しめるポイント。

おすすめワンタン麺の店3つ

香港に数多くあるワンタン麺の中でも、特におすすめのお店をご紹介しましょう。

沾仔記チム・チャイ・ケーTsim Chai Kee Noodle

2009年から2016年まで、なんと8年連続でミシュランガイドに掲載されている有名店です。

  • 【住所】 98 Wellington St, Central, Hong Kong
  • 【アクセス】中環駅から徒歩10分

麥文記麺家マクマンキーミンガー

店舗で打つ自家製麺はしっかりとした歯ごたえがあり、つなぎなしの海老ワンタンと一緒にいただくと、見た目よりボリューミーな味わい。海老ワンタン麺は「上湯雲呑麺」と注文してください。

  • 【住所】 51 Parkes Street, Jordan, Hong Kong
  • 【アクセス】佐敦駅C2出口から徒歩3分

彌敦道粥麺家ネイトンチョッミンガー

「輪ゴム」のような見た目の自家製麺がユニーク!早朝から営業している老舗です。海老がごろっと入るワンタンは、つなぎの豚肉がコクのある味わいを生んでいます。

  • 【住所】 11 Saigon Street, Jordan, Hong Kong
  • 【アクセス】佐敦駅B2出口から徒歩3分

海老入りワンタン、細麺、スープのアンサンブル

香港で「麺」といえば、まずおすすめはプリプリの海老が入った、あっさりスープのワンタン麺です。ミシュランガイドに掲載されても、庶民の味として気軽に楽しめるB級グルメの代表格です。

※本記事の内容は、2016年10月時点の情報です。

香港旅行検索する

ページトップへ