タイ旅行

タイの屋台で食い倒れ旅!ローカルグルメでお腹いっぱい♪

近年ではタイの屋台に撤去命令が下されるケースが増えており、昔ながらの活気ある屋台の姿も徐々に消えようとしています。 でも、タイの庶民にとって屋台は今でも生活の一部。古き良きタイの屋台文化を味わいに、街へ繰り出してみてください。タイならではの屋台の味はもちろん、現地の人とのコミュニケーションを一番に楽しめるスポットです。

タイ旅行探す

タイ式ラーメン『クイッティアオ』は一度ご賞味あれ

『クイッティアオ』はタイラーメンのこと。日本にもタイラーメンの専門店が数多く出店されていることから、もっともなじみやすいタイの味に数えられるでしょう。

春雨のような麺がスープに入った『センレックトムヤム』などが有名です。なお、『トムヤム』と名前がついたものはたいてい辛いので、苦手な方は注意しましょう。

タイのカレー麺『カオソーイ』

チェンマイやラオスなどで親しまれている麺料理です。ココナッツミルクをベースにスパイスのきいたカレー味のスープに、卵の入った麺が入っています。揚げ麺などトッピングにも特徴があります。レッドカレー系ながら辛味はマイルド、中国やミャンマーなどの影響を受けていることから、日本人の舌にもよくなじむ味わいです。チェンマイの屋台などで見かけたらぜひどうぞ。

クレープ風の焼き菓子『ロティ』

『ロティ』はタイやシンガポール、インドやパキスタン、アフリカなど各地で親しまれているクレープ状のお菓子で、タイではロティは練乳、ザラメ、バターが主な材料です。薄く伸ばした生地の中にバナナなどの具材を入れ、多めの油で焼き上げた上に練乳をたっぷりと。外はパリッと香ばしく、中はもちもちという食感がやみつきになる方も多いです。ポピュラーなお菓子なので、街中いたるところで目にすることができるでしょう。

屋台攻略のポイントは?失敗しない注文のしかた

おいしい屋台を探すポイントは、客が多いかどうかです。たいていの屋台では料理の写真が掲げられているので、指差しで注文すれば通じますが、さらにタイ語で料理名を覚えて一緒に発音すれば、より正確に伝わります。

注意が必要なのは、麺料理の注文方法です。タイの屋台では麺の種類、具材、スープを自分で選ぶのが一般的ですから、麺や具材、スープの種類などは事前にチェックしておきましょう。食べたいものはもちろん、「これは苦手」というものもしっかり覚えておくのがポイントです。

衛生面はどうなの?簡単にチェックする方法

せっかくの旅行で腹痛を起こしてしまっては元も子もありませんので、屋台の衛生面を気にする方もいるでしょう。

まずは、屋台の中がきちんと整理されているかチェック。ひと目で衛生面を疑うような店構えのところには入らないほうがいいでしょう。また、可能な限り調理中の様子も観察してみるのをおすすめします。

快適なタイ旅行をするためには、値段が少し高くても衛生面で安心できる店を選びたいものです。

タイ旅行検索する

ページトップへ