ニューヨーク旅行

ニューヨークのコンセントと電圧事情。スマホ充電のお得情報も!

ニューヨークのコンセントは日本と同じ形のため、変換プラグがなくてもそのまま利用が可能です。ただし電圧が違うため、スマホなどの海外対応製品でもない限り、別に変圧器を用意しなければなりません。対応しているか調べるには、機器の裏側や側面の表記をチェックしましょう。

ニューヨークのコンセントは日本と形は同じ

スマホの充電ならそのままできちゃう可能性が大!

海外旅行へ行く前に必ず確認やっておくことのひとつに、その地域のコンセントプラグや電圧をチェックすることが挙げられます。日本と仕様が異なると、スマートフォンなどの電化製品を現地で充電できなくなります。

実はコンセントの形は、世界中にさまざまなタイプがあり、時にはそれに合わせた変換プラグが必要です。しかしアメリカのコンセントは、日本と同じA型と呼ばれるタイプ。そのためニューヨーク旅行の際、変換プラグを用意する必要はありません。

電圧が違うから要注意!

電圧が違うから要注意

もうひとつの電圧については、日本が100Vで周波数50~60Hz、アメリカは電圧120V・周波数60Hzと違いがあります。そのため、そのままコンセントに差し込んでも使えない可能性があるので、あらかじめチェックしておかなければなりません。

スマホやデジカメの充電

近年発売されているスマートフォンやデジタルカメラは、充電アダプターが100~240Vと表示されているものがほとんど。このタイプのアダプターは、そのまま差し込んで充電できる、と覚えておきましょう。

このような表示は通常、機器の裏側や側面などで確認できます。「入力」または「input」のあとに「AC100-240V」など書かれているので、荷物を詰め込む前に必ず確認するようにしましょう。

ドライヤーなどは使える?

電圧が違うから要注意

そのほかの電化製品もスマホと同様、製品の表示が「AC100-240V」なら大丈夫です。

しかしここが「AC100V」の場合は、日本専用製品であるために、そのままでは使えないと考えましょう。特にヘアドライヤーは日本専用であることが多く、無理に使おうとすると加熱したり火を吹いたりしてしまうので、そのときはあきらめたほうが賢明です。

変圧器を持っていけば使えるようになりますが、変圧器自体が重くて荷物になるので、あまりおすすめはできません。

ホテル以外でコンセントは使える?

充電しながらWi-Fiも使えるカフェが増えてます。

ファストフードチェーンやカフェなど、日本ではコンセントが使えるお店が増えています。ニューヨークも同様に、多くのお店で使えるようになっているので安心です。

注目は、最近ニューヨーク中心部に増えている無料Wi-Fiスタンド。実はこれにもコンセントが設置されています。おかげでスマホを街中で使う場合、電波切れも充電切れも心配いらず。緊急時のためにも、街中をチェックしてみてはいかがでしょう。

※本記事は2017年10月時点の情報です

あわせて読みたい

ニューヨーク旅行を探す

更新日:2018/06/24

ニューヨーク旅行を検索する

アメリカのまとめ

ニューヨークの海外旅行情報と格安航空券情報

ページトップへ