ニューヨーク旅行

ニューヨーク3大空港ガイド! 旅を快適にするための秘訣とは?

ニューヨークにある空港は3つ。なかでも、日本からの玄関口として知られる「ジョン・F・ケネディ国際空港」は非常に敷地が広く、施設も充実。日本からニューヨークへ行き際には、このJFKを利用することが多いでしょう。中心地のマンハッタンまでは、バスや地下鉄を利用します。荷物が多い場合にはバスを、安くすませたいなら地下鉄がおすすめです。

ニューヨークの空港

ニューヨークの空港

ニューヨークへのアクセスには3つの空港を使用できます。日本からの玄関口となるのはジョン・F・ケネディ国際空港になる場合が多いです。

ジョン・F・ケネディ国際空港(JFK)

日本をはじめ多くの国の国際線の玄関口となる空港。マンハッタンから東へおよそ24kmのクイーンズに位置しています。

ニューアーク・リバティ国際空港(EWR)

ニュージャージー州に位置する国際空港。

ラガーディア空港(LGA)

国内空港で、マンハッタンへの距離は最も近い。

マンハッタンへのアクセス

マンハッタン

各空港からニューヨークの中心・マンハッタンに行くには、シャトルバス、空港バス、タクシー、地下鉄などの手段があります。旅の目的やスタイル、荷物の量などで、どの交通機関を選ぶのかを決めるのがベターです。

バス

荷物が多い・大きい場合はシャトルバスまたは空港バスを使うと便利です。ただし時間はかかってしまうので注意してください。

地下鉄

安くすませたいならば、地下鉄の利用がおすすめ。メトロカードと呼ばれるプリペイドカードを購入して乗車するのが一般的ですが、数ドルからチャージすることができます。

タクシー

楽に早く目的地へ行きたいならば、タクシーの出番です。初乗り運賃は2.5ドルで、その後は約5分の1マイルごとに50セントかかります。また、渋滞時は60秒ごとに50セントかかるので、日本の料金体系と近いシステムになっています。

ジョン・F・ケネディ国際空港(JFK)を乗り継ぎで利用する場合

JFKはアメリカでも中心の空港であり、中南米への乗り換え空港としての機能も備えています。そのため、JFKを乗り継ぎ空港として利用する場合、時間を有効に使ってニューヨーク観光をすることもできますし、空港内でも時間をつぶすこともできます。

また、30分の無料Wi-Fiサービスや充電施設もあるので便利です。注意点としては、JFK空港はとても広いので、のんびりしすぎるとギリギリの搭乗になってしまうことも。時間に余裕を持ってフライトに備えるようにしましょう。

あわせて読みたい

ニューヨーク旅行を探す

更新日:2018/12/12

ニューヨーク旅行を検索する

アメリカのまとめ

ニューヨークの海外旅行情報と格安航空券情報

ページトップへ