ニューヨーク旅行

ニューヨークでお得にショッピング! 知っておきたいお店・税金・セールのこと

ニューヨークはショッピングを満喫できる街。有名な「五番街」はもちろんですが、市内には上質なものを入手できるディスカウントストアもたくさんあります。T.J.マックスやセンチュリー21、マーシャルズなどは有名なオフプライスストア。さらにセールや税金などを詳しく知れば、お財布に優しい買い物ざんまいの旅を楽しめます。

ニューヨークでショッピングを楽しもう

ニューヨークでもリーズナブルにショッピングが楽しめます

世界のトップブランドが集まるニューヨーク。セレブ御用達の五番街は特に有名ですが、いいものをリーズナブルに購入したいなら郊外のアウトレットモール利用はもう常識ですね。

しかし、実はニューヨーク市内にも、ハイブランドをお手ごろに取りそろえるディスカウントストアが複数あります。郊外に行く時間が無い場合は、こちらのお店もチェックしてみましょう。

お得に買い物するならディスカウントストアへ

T.J.マックス

ディスカウントストア大手の「T.J.マックス」は、ニューヨーク市内でも20店舗以上を展開する有名チェーン店です。アパレルアイテムの豊富さはもちろん、インテリアや生活雑貨などの品ぞろえには定評があります。

T.J.マックス(TJ Max)
  • 【URL】https://tjmaxx.tjx.com/
  • 【住所】620 6th Ave, New York
  • 【アクセス】地下鉄14丁目(14th St)駅より徒歩約3分

センチュリー21

1961年にマンハッタンで創業した「センチュリー21」は、いまやニューヨークにおけるアイコン的なショップ。メイドインアメリカのアイテムから、世界各国のブランドの洋服や小物、靴にいたるまで、特にウィメンズアイテムを幅広く見つけられます。

センチュリー21(Century 21 Downtown)
  • 【URL】https://www.c21stores.com
  • 【住所】22 Cortlandt St, New York
  • 【アクセス】地下鉄コートランドストリート(Cortlandt St)駅より徒歩約1分

マーシャルズ

こちらもアパレルから生活雑貨までと、取り扱いの幅広さが特徴的な「マーシャルズ」。ファミリー向けアパレルも数多く手掛け、特にジュニア向けのアイテムに強いのがポイントです。他にもメンズや、安くて普段使いにできるアイテムを探すなら、ここへ行くのがいいでしょう。

マーシャルズ(Marshalls)
  • 【URL】https://www.marshallsonline.com
  • 【住所】206 Washington St, New York
  • 【アクセス】地下鉄チェンバーズ・ストリート(Chambers St)駅より徒歩約3分

バーリントンコートファクトリー

全米40州以上に店舗を展開する「バーリントンコートファクトリー」。こちらもディスカウントデパートチェーンで、ニューヨークではユニオン・スクエアなどに店舗展開をしています。同じビルの下の階には、食品スーパーのホールフーズ・マーケットなどが入っています。

バーリントンコートファクトリー(Burlington Coat Factory)
  • 【URL】http://www.burlingtoncoatfactory.com/
  • 【住所】4 Union Square South New York
  • 【アクセス】地下鉄14丁目/ユニオン・スクエア(14 St - Union Square)駅より徒歩約2分

賢くショッピングするために

非課税対象品って?

なんと110ドル以下なら非課税対象なんですよ

アメリカでは、州や都市によってショッピングのルールがそれぞれ異なります。ニューヨークの場合は消費税が8.875%かかり、これは全米でも上位の税率の高さです。

しかし洋服や靴については、一点あたり110ドル以下のものは何点購入しても非課税です。書籍なども同様に非課税の対象になっています。つまり日本円で1万2,000円程度のものなら、課税を気にせずショッピングを楽しめるということなのです。

セールの時期

ブラックフライデーなどのセール期間はチェック必須です

アメリカでは11月第4木曜日の感謝祭の翌日に、ブラックフライデーと呼ばれる一大セールがあります。強気な価格設定のニューヨークも、この日だけはお手ごろ価格。

さらに年末年始に向けては、大々的なバーゲンシーズンに突入します。冬の期間は一般的に航空券も安くなるので、この時期を狙って旅行するのも良いでしょう。

さらに、アメリカでは祝日にもセールが行われるのが一般的。7月4日の独立記念日や9月2日の労働者の日にも行われるので、あわせて覚えておくと良いでしょう。

クーポンをチェック

スマホでクーポンチェックもお忘れなく

アメリカでショッピングするなら、クーポン利用は常識です。各店舗の公式サイトでクーポンを受け取れるので、お得な買い物を楽しむためにも、事前にお店のホームページチェックをしてはいかがでしょう。

ショッピングマナーと注意点

カード払いでスムーズに

現金よりもカード利用がスムーズ

アメリカでの買い物はクレジットカード払いでしましょう。多くのお店でクレジットカードが使えるばかりでなく、あまり高額紙幣を使わないお国柄ということもあるので、カードを使うほうが何かとスムーズです。

支払いの際にドル払いか円払いかを聞かれたら、必ずドルと答えることをおすすめします。うっかり円と答えた場合、法外なレートで取引される可能性があることを覚えておきましょう。

あわせて、緊急時用にクレジットカードを2枚持っていくことをおすすめします。紛失したり犯罪に遭ったりしたときなどには、予備のカードが役立ちます。

試着とレシート保管

欧米サイズはかなり違うので試着は必ずしておきましょう

洋服などの衣料品は必ず試着しましょう。アメリカのサイズは日本とはまったく違います。また返品の際に必要になるため、レシートも必ず保管しておきましょう。

※本記事は2017年10月時点の情報です

あわせて読みたい

ニューヨーク旅行を探す

更新日:2018/09/26

ニューヨーク旅行を検索する

アメリカのまとめ

ニューヨークの海外旅行情報と格安航空券情報

ページトップへ