釜山旅行

釜山の甘川洞文化村は「韓国のマチュピチュ」! アートな1日を過ごそう

釜山の甘川洞文化村は、山肌にカラフルな家々がびっしりと建っていて、その美しい風景から「韓国のマチュピチュ」と呼ばれています。村中のいたるところでオブジェや壁画などのアート作品が楽しめる人気の観光スポットで、映画などのロケ地でも使われています。訪れる際ははき慣れた靴で行きましょう。

釜山の甘川洞文化村は、村全体がアート!

韓国のマチュピチュ・甘川洞文化村

カラフルな集落の入り組んだ路地が迷路のように見えるため、「韓国のマチュピチュ」と呼ばれるようになった甘川洞文化村ですが、もとは朝鮮戦争の際に北朝鮮から逃げ延びてきた人々が山肌につくった集落とされています。

その後、山の斜面に家が立ち並ぶ様子や歩道が入り組んだ迷路のような景色が美術家や写真家たちから注目されるようになり、2009年の「マチュピチュプロジェクト」と呼ばれる村おこしによって現在の姿に。村全体がアート作品として楽しめる観光スポットになったのです。

実は日本のテレビドラマや映画のロケ地としても使われているので、どこかで見たことのある風景に出会えるかもしれませんね。

釜山の現地ツアー・空港送迎を探す

甘川洞文化村の楽しみ方

「星の王子さま」のオブジェと記念撮影

「星の王子さま」のオブジェと記念撮影

いたるところにアート作品がある甘川洞文化村。写真を撮りながら歩くだけでも楽しめます。中でも人気は、サン=テグジュペリ「星の王子さま」のオブジェ「幼い王子と砂漠キツネ」。絵本のキャラクターと記念撮影ができるとあって、撮影待ちの行列ができることも珍しくありません。

そのほかにも、立つと村と人が一体化したように見える人型オブジェ「甘川とひとつになる」も人気のアートスポット。うっかりすると見落としてしまいそうな場所にも、アート作品がちりばめられていますよ。

スタンプラリーを楽しもう!

入り口付近にある観光案内所で販売されている日本語のガイドブックは、壁画やモニュメントなど、お目当てのアートを効率よくまわるのに便利です。しかもスタンプラリー付き。

全9カ所にあるスタンプをすべて集めてコミュニティーセンターへ持って行くと、オリジナルポストカードがもらえます。

ポストカードを未来の自分へ投函

スタンプラリーでもらえるポストカードには、村情報センター(ハヌルマル)に持って行き所定の切手代を支払えば、1年後に配達されるユニークなサービスがあります。釜山旅行の思い出に、未来の自分へメッセージを送ってみてはいかがでしょうか。

甘川洞文化村への行き方

韓国のマチュピチュ・甘川洞文化村

丘の上にあり、急勾配な坂道を歩く必要があるので、バスかタクシーで向かうのが一般的です。足場が不安定な場所や急な坂道が多いので、履きなれた靴やスニーカーなどの歩きやすい靴で行くことをおすすめします。

バスの場合

地下鉄1号線のチャガルチ駅から約25分、または士城(トソン)駅から約15分で最寄りのバス停に到着します。

タクシーの場合

チャガルチ駅から約7,000ウォン(約720円)、トソン駅からは約3,000ウォン(約310円)で甘川洞文化村の入り口まで行けます。

甘川洞文化村(Gamcheon Culture Village)
  • 【住所】釜山広域市沙下区甘内2路203
  • 【アクセス】地下鉄1号線のチャガルチ駅からバスかタクシーで約25分、士城(トソン)駅からバスかタクシーで約15分

※本記事は2017年9月時点の情報です

あわせて読みたい

釜山旅行を探す

更新日:2018/08/22

釜山旅行を検索する

この記事のキーワード

韓国の主要都市

釜山の海外旅行情報と格安航空券情報

ページトップへ