台北旅行

台北旅行の服装はどうする? 夏と冬の気候もチェックしよう

台北旅行での服装は、夏であれば日本と変わらない服装で大丈夫です。台北の夏の平均気温は29℃前後、日によっては30℃を超えることもありますので、半袖だけでも快適でしょう。一方、冬の場合は平均気温は16℃前後、東京よりも過ごしやすい気候となっています。ただ、冬の天気は不安定で降水量も多いので、雨具なども忘れずに持参していきましょう。

台北の気候・服装ガイド

日本から簡単にアクセスできる台湾は、気軽に行ける観光地として人気を集めています。日本の近所であるため、気候が日本と近いこともポイント。ここでは、台湾の気候の特徴や、おすすめの服装についてご紹介します。

台湾の北に位置する台北は亜熱帯気候

台湾は亜熱帯気候の北部と熱帯気候の南部からなっています。台湾は北部と南部を1日で移動することも可能という比較的小さな国ですが、夏場には南部が暑く、冬場には北部が寒いという傾向があります。

中でも台湾の首都台北市は、北部に位置する亜熱帯気候の都市です。日本と同じく四季がありますが、季節が緩やかに移り変わっていくため、急激な気候の変化はあまり感じません。1年を通して温暖な気候であることが特徴です。

台北の冬は東京より温かい! 天気は不安定な傾向に

台北はちょうど、日本の石垣島と近い場所にあります。そのため沖縄諸島と同じく、本州よりも暖かいことがポイントです。台北の冬(12月〜3月)の平均気温は15℃〜17℃であり、東京(4℃〜7℃)よりも過ごしやすい気候となっています。

そのため雪もさほど降りませんが、寒波の影響により肌寒く感じる日があるため気をつけましょう。台北の冬の天気は不安定であり、特に1月から2月は東京よりも降水量が多くなっています。

台北の夏は、東京と同じ夏の服装で!

温暖な気候である台北では、夏が長く、かつ東京よりも気温が高いことが特徴です。台北の夏の平均気温は29℃前後ですが、日によっては30℃を超えることもあります。また5月には平均気温が25℃を超え、9月頃まで暖かい日が続きます。特に6月後半からは夏の気候になるため、半袖で旅行すると快適でしょう。

春秋は肌寒い日もあるため、脱ぎ着しやすい服装を

冬は天気が不安定ですが、3月には安定し始めます。しかし、台北の梅雨は日本の本州よりやや早く、4月後半からは雨が多くなってきます。肌寒い日もあるため、上着を持っていくと良いでしょう。

夏の暑い日が続いた後の秋にも降水量が上がり、気温にもばらつきが出てきます。そのため夏は半袖で過ごし、その前後の春秋には気温に合わせて脱ぎ着しやすい服装にすることがおすすめです。

台北を歩く時はヒールよりぺたんこな靴がマスト

台北の観光では、坂道や階段がつきものです。また地域によっては舗装されていなかったり、段差が多かったりする場所もあるため、歩きやすいぺたんこ靴を選ぶと良いでしょう。夜市に遊びに行くなら、靴が汚れてしまう可能性もあります。後で洗える素材を選ぶと、安心して旅行を楽しむことができます。

季節に合わせた服装で思いっきり楽しもう

台北は、年間を通して温暖な気候であることが魅力です。また日本と似た気候であるため、日本で着ている服をそのまま持っていけるのもポイントといえます。ただし季節によっては天気が不安定になるため、脱ぎ着しやすい服装にする、携帯雨具を持っていくなど、天気の移り変わりに対応できる装備を調えていくことがおすすめです。

※本記事は2017年2月時点の情報です

あわせて読みたい

台北旅行を探す

更新日:2018/09/25

台北旅行を検索する

台湾の主要都市

台北の海外旅行情報と格安航空券情報

ページトップへ