グアム旅行

デデドの朝市は朝ごはんもショッピングも楽しめる隠れたベストスポットだった!

デデド朝市は毎週土日に開催されるフリーマーケットです。朝食にローカルフードを楽しんだり、お手ごろ価格で衣類や日用品を買ったりすることができます。アクセス方法はシャトルバスやタクシー、レンタカー、ツアーなどがあります。

グアム旅行探す

旅行に行って観光やショッピングをするのは楽しいですが、地元のマーケットにはまた違った楽しさがあります。グアムのデデド朝市はローカル感満載の人気のマーケットです。おいしいグルメや掘り出し物がたくさんの朝市についてご紹介します。

グアムのローカルフードが満載の朝市

デデド朝市は毎週土日に開催されているフリーマーケットです。午前6時から午前9時ごろまでの間、地元の人を中心に観光客にも人気のある朝市です。早朝から開いている朝市なので、おいしいローカルフードを朝食に食べるのも楽しみのひとつですね。

デデド朝市では、グアムの伝統的な「チャモロ料理」の屋台もたくさん出ています。チャモロ料理はココナッツや醤油、砂糖を使った濃厚で甘からい味付けなので日本人の舌にとても合います。たとえば『アロスカルド』というおかゆは朝食にうってつけ。濃厚なチキンスープで炊いたおかゆに、カリカリのフライドオニオンが香ばしく食欲をそそります。ビーフのおかゆは「ゴト」と呼ばれ、現地の人はタバスコをかけて食べます。他にも串焼きバーベキューチキンやパンシットと呼ばれる炒めビーフン、パッチョイヌードル(豚軟骨、ネギ、卵などを煮込んだ熱々の麺)などたくさんの屋台でにぎわいます。

デザートには『タホ』というタピオカと豆腐に黒蜜をかけたものが大人気。ブラウンシュガーをまぶしたバナナを春巻きの皮で包み揚げた『バナナルンピア』は外がカリカリ、中はとろりとした食感です。スムージーやフレッシュジュースの屋台など、朝食を食べにいくだけでも満足の朝市です。

掘り出し物がいっぱい?!の朝市

デデド朝市では食べ物以外にもたくさんのお店が出店しています。Tシャツやパレオ、ムームー、水着などはショッピングセンターで買い物をするよりも格安で購入することができます。地元に住んでいる人たちが服や日用品などを売っているブースもあるので、掘り出し物が見つかるかもしれません。

子ども用のおもちゃや手作りのアクセサリーなど、日本では買うことのできないものはおみやげにも喜ばれますね。タイミングが合えばフィギュアコレクションなどに遭遇することもありそうです。電化製品やCD、日用雑貨やキッチン道具など、見て回るだけでも楽しそうですね。

朝市まではどうやっていくの?

朝市までのアクセス方法はいくつかあります。まずは便利なシャトルバスです。赤いシャトルバスの「朝市シャトル」と、H.I.Sが運行しているシレナトロリー『フリーマーケットエクスプレス』があり、フリーマーケットエクスプレスはH.I.Sの旅行客以外の人でも利用することができます。料金は往復8ドル(2016年9月時点)ほどです。乗り場と時刻表が記載されたパンフレットがあるので、利用したい人は宿泊先のホテルや観光案内所で問い合わせてみましょう。

タクシーの場合は宿泊先のフロントで手配してもらうのが確実ですが、中には運転手と直接交渉するつわものも。往復の送迎でチップ込み、40ドルから50ドルほどだそうです。迎えの時間はあらかじめ約束しておくのもよいですが、携帯電話で呼び出せる運転手さんを選ぶのがおすすめです。ただしグアムには流しのタクシーがほとんどなく、さらに朝早くとあればその場でタクシーをつかまえるのは至難の業です。前日までに手配するようにしましょう。

朝市はタモンから車で10分程度の距離なので、レンタカーを借りてもいいですね。無料の駐車場はすぐにいっぱいになってしまうので、なるべく早く到着するようにしましょう。近くには1ドルから2ドル程度で利用できる有料の駐車場もあります。他には各旅行会社が主催しているツアーに参加する方法もあります。料金は多少かかりますが交通の心配をする必要がなく、周辺の観光スポットも合わせて楽しむことができます。

まとめ:地元の人たちと交流しよう

朝市の醍醐味は地元の人たちと交流できることです。買い物をしながら片言の英語で話しかけてみると、また違ったグアムの一面が垣間見られるかもしれません。ローカルフードを食べながら露天をのぞけば、街中のお店では感じることのできない地元感を満喫できます。

なお、デデド朝市は雨天決行のため、雨具を用意していくことをおすすめします。買い物をしながら傘をさしていると手がふさがってしまうので、カッパやポンチョなどがいいかもしれません。

グアム旅行検索する

グアムの海外旅行情報と格安航空券情報

ページトップへ