パーキングの仕方

せっかくのハワイでのドライブ、駐車もスマートに行いたい バレーパーキング、パーキングメーターを利用した駐車の仕方

レンタカーを借りていざドライブ!借りた直後はガソリン満タンでも、ドライブ中やレンタカー返却時にガソリン満タン返しと指定されている場合、給油の必要が出てきます。ハワイのガソリンスタンドは、ほとんどがセルフサービス。自分自身でガソリンを入れる仕組みです。現在は、日本でも多くのガソリンスタンドがセルフサービスとなっているので、慣れている方も多いのでは。日本のセルフサービスと同じ要領で、簡単に給油が可能です。

ガソリンの入れ方、料金の支払い方法

STEP1

給油機(ポンプ)の前に車を止めましょう

ほとんどがセルフサービスですが、フルサービス(係員が給油、窓ふきを行ってくれる)もあります。給油機はセルフサービスとフルサービスとで分かれているので、セルフサービスのレーンに車を進めましょう。

スムーズに給油機の前に車を止められるように、あらかじめ給油口が車の右側・左側どちらにあるのかを確認しておくとよいです。

STEP2

利用する給油機の番号を確認します

現金支払いの場合は、まずキャッシャーへ行き、利用する給油機の番号を伝えましょう。デポジット(前金)を支払います。
クレジットカードで支払う場合は、この手順は不要です。

STEP3

レンタカーの場合はレギュラーを選択

多くのガソリンスタンドで扱うガソリンは3種類。いずれも無鉛ガソリンで、Regular/Plus/Premium(あるいはSuper)となります。レンタカーではレギュラー(Regular)を選択。ボタンを押してスタートです。

STEP4

メーターがゼロになったのを確認して、給油開始

給油口のキャップを外したら、ポンプのノズルを持ち上げ、スタンドのレバーをOffからOnにしましょう。レバーを引き上げてOnにする際にガチャッと音がします(ボタンを押すタイプもあります)メーターの表示数字がゼロになったら給油可能となります。
ノズルを給油口に差し込み、グリップを握るとガソリンがタンクに注ぎ込まれます。Fullになると自動的にストップされるので、満タンにしたい場合はグリップを握ったままでOK。決まった量だけ入れたい場合は、メーターを見ながらグリップを握り、その数字が表示された時にグリップの力を緩めましょう。

STEP5

困ったことがあれば、係員を呼びましょう

うまく給油ができないなどトラブルが発生した場合、備え付けのボタンを押して係員を呼びます。
ただし、ガソリンスタンドのスタッフは日本語が通じないところがほとんどなのでご注意を。

STEP6

メーターで料金を確認

注ぎ終わったらノズルを元に戻して、レバーをOffにしましょう。給油口のキャップをしっかりと閉めて給油は完了。
メーターに給油量に応じた料金が表示されるので、キャッシャーで清算します。

STEP7

キャッシャーで料金を精算

キャッシャーにはメーターに表示された料金が伝わっています。給油機の番号を告げて清算。スタッフに前金から差し引いたおつりをもらいます。
これでガソリンの給油は完了です!

おすすめ・関連コンテンツ

ページのトップへ