ビザ・パスポートの準備から携帯・スマホ・wifi事情まで-出国から帰国まで旅行のギモンを解決!

地元で人気のグルメスポットを探すなら!海外旅行で便利なローカルガイドアプリ「Yelp」の使い方まとめ

海外旅行で使えるグルメアプリ
【裏ワザ】GWの海外航空券もホテルと同時購入で割引に

海外旅行先での食事は、現地の有名店やおいしいお店で食べたいですよね。しかし、事前にお店について調べていても、どのような観点で絞り込めばよいか悩むこともあるかもしれません。
そのようなときは、海外でも使えるローカルガイドアプリ「Yelp」がおすすめです。「Yelp」では、営業時間や定休日などの店舗の情報だけでなく、実際にお店を訪れた人の口コミも豊富に掲載されています。今回は、海外でも活用できるアプリ「Yelp」をご紹介します。

「Yelp」の使い方

1. ダウンロードしましょう

海外旅行に出かける前に、あらかじめ「Yelp」のアプリをインストールしましょう。Facebookを利用している方は、アカウントから登録できます。Facebookを利用していない方は、名前・メールアドレス・パスワードを登録してください。

[Android版ダウンロード]
[iOS版ダウンロード]

 

2. プロフィール作成

自身のプロフィールを登録します。これから向かう旅行先について記載しておけば、ほかのユーザーからおすすめのお店を教えてもらえるかもしれません。例えばハワイに行く予定があるならば、「好きな旅行先はハワイ」や「ハワイアン料理が好き」などプロフィールに記載しておきましょう。

 

3. 基本的な操作

海外でスムーズにアプリを使えるように、旅行前に使い方をマスターしておくことをおすすめします。Yelpの基本操作は、「検索する・チェックインする・口コミを見る」の3つです。
まずは、お店にチェックインしましょう。プロフィール画面の下にある「検索する」を、タップしてください。画面上部の入力バーに、行きたいお店の名前を入力し、検索します。お店の名前が出てこない場合は他の関連ワードを入力し、検索をかけてみましょう。
お店の名前が画面の地図上に出てきたら、タップして店舗の個別ページを表示させます。個別ページの「チェックイン」ボタンをタップすると、チェックイン完了です。個別ページからは、お店の所在地・電話番号・営業時間・定休日・口コミなどが確認できます。

 

4. ブックマークをしよう

事前にチェックした情報をもとに、海外での予定を決めましょう。現地ですぐにアプリ検索ができるよう、ブックマーク機能の活用がおすすめです。ブックマークにお気に入りのお店がたまり、リストができます。このリストは、名前や地域、ブックマークに追加した日付で店舗が検索できる便利な機能です。

 

5. チェックインオファー

お店にチェックインしたら、クーポンを取得しましょう。クーポンがある場合は、お店にチェックインしたときに赤いクーポンが表示されます。表示されたクーポンを店舗スタッフに見せるだけなので、利用方法も簡単です。

 

6.フィルター機能

自分が知りたい情報に関して、優先的にカスタマイズできます。たとえば、評価の高いお店順に並べたり、遅い時間まで開いているお店を優先にして並べかえたりすることが可能です。知りたい情報・お店だけが検索できます。

 

7. 翻訳してくれる

「Yelp」は世界中の人が活用しています。気になるお店の口コミが読みたいと思っても、日本語で書かれていなければ読めない人もいるかもしれません。
そこで便利なのが翻訳機能。外国語で書かれているレビューを読みたいときにアプリ内の「翻訳する」をタップすると、日本語へ翻訳してくれます。
アプリで対応している16カ国の外国語は、日本語に翻訳可能です。日本語から英語への翻訳も可能なため、道に迷ってしまい現地の方に道案内を尋ねる場合も、役に立つことでしょう。

まとめ

「Yelp」は現地のレストランやバー、人気のスポットなど、ローカル情報満載の非常に便利なアプリです。一度登録すればいつでも簡単に利用できるため、海外旅行先で新たな情報を入手したいときにもおすすめです。

SNSでフォローする