ビザ・パスポートの準備から携帯・スマホ・wifi事情まで-出国から帰国まで旅行のギモンを解決!

正しい時刻に!海外旅行でスマホの時計を現地時間に合わせる方法

旅先では、スマホの時計を現地時刻に変更しよう
【裏ワザ】GWの海外航空券もホテルと同時購入で割引に

海外旅行をする際に、気を付けなければならないのが時差です。日本の時刻に設定されているスマホの時計を、現地の時刻に変更する必要があります。スマホによっては自動設定してくれる機種もありますが、自動設定ができなかった時のためにスマホの時計設定についていくつかの方法をご紹介します。

まずは海外旅行時のスマホ設定を確認

海外旅行の際にはスマホを機内モードに

海外へ行く際はデータ通信をしないようにする必要がありますので、機内モードをオンにしておきましょう。そのままにしていると自動で現地時刻の設定をしてくれますが、メールやネットの利用を実際にしていなくても自動的なデータのやりとりで通信料金が発生します。

海外でデータ通信を行いますと、帰国後に驚くような料金を請求されることもあるので注意が必要です。

Wi-Fiを利用する

機内モードをオンにするとデータ通信は遮断されますが、Wi-Fiが利用できる場所ではWi-Fiを通してメールの送受信やインターネット通信を利用することが可能です。
機種によっては機内モードをオンに設定しますと、Wi-Fiも利用できなくなる場合があるので旅行前に一度機種の対応状況を確認しておきましょう。

機内モードがONでのWi-Fi通信の場合はスマホのデータ通信料金はかかりませんのでご安心ください。

スマホの時計を設定する方法

設定の方法は機種によって異なりますが、現地に到着した際にデータローミングの設定をすでに行っている場合や、自動機能がついている場合には、携帯本体が自動で時刻を変更してくれるものもあります。データ通信はできなくても、現在地情報により自動的に現地時間に変更されています。

自動で変更されない場合は、手動で変更が必要です。

iPhoneの場合

自動設定になっている場合と、なっていない場合で対応が異なります。
■自動設定になっていない場合
設定→一般→日付と時刻→自動設定をON
これで時計の時差が補正されます。
これを行っても変わらない場合、またはそもそも自動設定がONだった場合には以下をお試しください。
■自動設定になっている場合
設定→一般→日付と時刻→自動設定をOFF→時間帯→[渡航先を入力]→選択して終了
この時点で時計の設定が切り替わります。

androidの場合

基本的にはiPhoneと同様の手順で解決できます。
■自動設定になっていない場合
設定→日付と時刻→日付と時刻の自動設定をON→タイムゾーンの自動設定をON
これで時計の時差が補正されます。
これを行っても変わらない場合、またはそもそも自動設定がONだった場合には以下をお試しください。
■自動設定になっている場合
設定→日付と時刻→日付と時刻の自動設定をOFF→タイムゾーンの自動設定をOFF→日付設定、時刻設定を現地時刻に変更→タイムゾーンの選択で現地のタイムゾーンを選択
これで時計の時差が補正されます。

※機種、OSによっては一部項目の表記やり方などが異なる場合がございます。

大人気の世界時計

現地に着いて家族や友人に連絡しようとしても、「日本は今何時なのか、連絡しても迷惑ではないか」と考えてしまいますよね。
そこで世界的にも人気のある『世界時計』というアプリをご紹介します。旅行先や出張先の国を登録しておけば知りたい国の時刻を簡単に確認でき、全て同時に見ることもできるアプリです。何度も設定しなおす必要もなく、一度登録すればいつでもどの国の時間でも確認できるのでとても便利です。

注意点

トランジットや移動途中の時刻は、各空港の時計で確認することになります。日本の時刻や旅先の時刻と間違えて乗り遅れのないように気を付けてください。

▼こちらもチェック
海外旅行に持っていく時計の選び方のポイント・注意点まとめ
海外旅行で便利なおすすめ時計アプリと使い方まとめ
海外旅行で便利なおすすめ目覚ましアプリと使い方まとめ

SNSでフォローする