ビザ・パスポートの準備から携帯・スマホ・wifi事情まで-出国から帰国まで旅行のギモンを解決!

海外旅行で注意するべきスマホ・iPhoneの設定

海外旅行時のスマホ設定について
【裏ワザ】GWの海外航空券もホテルと同時購入で割引に

海外旅行へ出かける際に、注意したいのがiPhoneなどスマホの設定です。これを知らないと帰国後に携帯会社から多額の請求が届いてびっくり!なんてことも。
設定ができていなかった、設定のし忘れがあったと後から気づいても後の祭り。設定については事前にしっかりと確認しておくようにしましょう。

Wi-Fiだけの使用:機内モードをオンにする

日本から飛行機に乗った時点で『機内モード』をオンにするだけで、通信や電波がシャットダウンされます。帰国後は飛行機を降りた時点で『機内モード』を解除するだけで元通りです。

旅行先で『機内モード』にしていても、各所フリーWi-Fiがある場所、たとえばレストラン、コーヒーショップ、美術館などではWi-Fiを通してネット通信ができます。
最近はどこの国に行ってもさまざまなところでWi-Fiが完備されています。特に、観光地のホテルではWi-Fiサービスが増えています。
ホテルでゆっくりとネット利用ができるのはありがたいですね。
機内モードの設定は簡単なので、海外でWi-Fiを利用してスマホを使う場合には必ず設定してくださいね。

機内モード設定をオンにすると、Wi-Fiの使用ができない機種もありますので、出発前に機内モードがオンでもWi-Fiの使用が可能であるかどうか確認しておくことをおすすめします。

Wi-Fiの場合、iPhoneやandroidなどのスマホ端末さえあればネットに繋がります。
最新のiPhoneなどを海外に持って行って、紛失や盗難などが不安な方は古い端末を持っていくとよいでしょう。

電話だけの使用:データローミング、モバイルデータをオフにする

電話だけを使用したいなら、データローミング、モバイルデータの設定を全てオフにします。全てのデータ通信はシャットダウンされますが、電話は利用可能です。機内モードにすると電話が使用できませんので飛行機を降りたら機内モードを解除するのをお忘れなく。

ただし、電話の通話料に関しては海外だと料金が高く、着信者、発信者ともに料金がかかることもあるので注意してください。

こちらは現在利用している端末での契約になります。現在使用していないiPhone、androidスマホを使用する事はできません。

ポケットWi-Fiを契約する場合の注意

ポケットWi-Fiの会社、または機種によって使用できる国が異なるので、旅行先の国で使用できるのかどうかあらかじめ確認する必要があります。

旅行先の空港でレンタルできる場合もあります。旅行先でレンタルする方が確実に使用可能で、料金もほとんどの国では日本よりも安いことが多いので旅慣れた方は、こちらを利用してみてもよいでしょう。

携帯会社と契約をする

携帯電話会社大手3社には海外でパケットし放題、電話し放題のプランがあります。
常に携帯を片手にしている日本人からすると、海外でパケット通信ができないのはとても不安です。インターネット、メール、電話が海外にいても日本と同じように使え、日本からの電話も受けることができたらいいですよね。
頻繁に使用される方、お仕事などで連絡が多い方にはおすすめです。

SIMフリーを使用する

日本でも利用する人が増えてきている、SIMフリーのスマホなら海外でも使用できます。
SIMフリーのスマホは、ネットで購入することもできます。
すでにお持ちの方は、現地でSIMカードを購入して料金をチャージすると、より自由に安く利用できます。
現地空港でも販売されているので、海外によく行かれる方はSIMフリー携帯を一台持っているととても便利でお得です。

▼こちらもチェック
海外旅行にWi-Fiルーターを持って行く時の注意点!おすすめは?
はじめての海外。iPhoneの設定は大丈夫?
海外で携帯電話を使うには

SNSでフォローする