ビザ・パスポートの準備から携帯・スマホ・wifi事情まで-出国から帰国まで旅行のギモンを解決!

海外旅行中の貴重品の持ち歩き方・保管方法のポイントまとめ

海外旅行中、貴重品の持ち運びには注意しよう

海外旅行で特に気をつけたいのは貴重品の持ち歩き方や保管方法です。
世界の多くの国は日本よりも治安が悪く、有名な観光地など人の多く集まる場所では強盗やスリなど、外国人を狙った犯罪が起きています。その手口は巧妙化しており、どんなときでも貴重品には注意を払い、防犯対策を行わなくてはいけません。
海外旅行に出かけたときの貴重品の持ち歩き方や保管方法のポイントについて、以下にご紹介します。

貴重品の持ち歩きに便利なバッグとは?

窃盗被害に遭いやすいのは何といっても観光中。
貴重品を持ち歩く際のバッグ選びはとても重要です。バッグの種類によっては簡単にスリの被害に遭ってしまうこともあります。
どのようなバッグが防犯に適しているのでしょうか。

セキュリティポーチ

首から掛けて衣服の内側に入れておけるセキュリティポーチなら、現金やパスポートも安心して持ち歩くことができます。
現金を使う度に表に出さなくてはいけないので少し面倒ですが、防犯性はバッチリです。首元の紐が丸見えなので、ファッション性には欠けます。

ウエストポーチ

腰に巻くタイプのポーチは、肩掛けに比べて身体への負担が少なく、移動に適したバッグです。
持ち物の出し入れや管理が楽ですが、周囲からは貴重品が入っていることが分かりやすく、強盗などに狙われやすくなります。
治安の悪い国では避けたほうがいいでしょう。

斜め掛けバック

セキュリティポーチやウエストポーチより容量の大きいものが多いので、たくさんの荷物を入れることができます。
斜め掛けなので、使用時間が長いと身体への負担も大きくなってしまう点に注意しましょう。後ろに掛けてしまうとスリに遭いやすくなるので、常に前側に掛けることをおすすめします。

貴重品を持ち歩くときの防犯上のTips

カバンに鍵をつける

スーツケースや手荷物には鍵をかけておくとスリから狙われにくくなります。
鍵が壊されて実際に盗難に遭ってしまった場合も、確実に盗難に遭ったことを証明できます。

パスポートのコピーを持ち歩く

貴重品を手持ちのカバンに入れて持ち歩くことは避けたいですが、外国人はパスポートを持ち歩く必要があります。
あらかじめコピーを取っておけば、パスポートはホテルのセキュリティボックスに預けて出かけることができます。

現金は分散して持ち歩く

強盗や盗難被害に遭った場合に現金を一ヶ所にまとめて持ち歩いていると、異国の地で一文無しになってしまいます。
現金は数ヶ所に分けて持ち歩きましょう。メインの財布と別にダミーの財布を準備しておくと、さらに安全です。

人前では貴重品を表に出さない

犯罪のターゲットとなることを避けるため、現金や携帯電話などの貴重品はなるべく人前で出さないようにしましょう。
銀行や両替所で現金を手にしたときも、人に見られないように数えたほうが安全です。

ホテルにおける貴重品の保管方法

観光地へ遊びに行くときに、ホテルでは貴重品をどのように保管したらいいでしょうか。
グレードの低いホテルではスタッフや泥棒に盗まれてしまうこともあるので、部屋に貴重品を出しっぱなしで出かけることはおすすめできません。

フロントに預けない

ホテルのフロントスタッフも全員が信頼できるとは限りません。
現金を預けたら数枚の紙幣が抜かれてしまったという事態も想定されます。現金の一部だけを盗まれてしまった場合は、数え間違いの可能性を指摘されて、盗まれたことを証明することが難しくなります。

セーフティボックスを利用する

グレードの高いホテルであれば、貴重品は部屋にあるセーフティボックスに預けるのが最も安全でしょう。
現金を入れた封筒には金額を書いておいて、徹底した管理を行いましょう。

まとめ

現金やパスポート以外にも、人によっては高価だと捉えるものがあります。ホテルの部屋だからといって、私物を置きっぱなしにしていると盗まれてしまうことがあります。
常に荷物の保管や持ち歩き方に注意を払い、安全な旅行を楽しみましょう。

クイック検索

人気エリアの海外航空券をすぐ検索!

SNSでフォローする