ビザ・パスポートの準備から携帯・スマホ・wifi事情まで-出国から帰国まで旅行のギモンを解決!

ハワイ旅行中、携帯はどうすれば使える?通信サービス・注意点まとめ

旅先では、利用スタイルに合わせて賢くスマホを活用しよう!
【裏ワザ】GWの海外航空券もホテルと同時購入で割引に

フォトジェニックな風景の多いハワイでは、写真を撮ってSNSにアップロードするのも楽しみの一つ。しかし、ハワイ旅行から戻ってきた後、「携帯電話の高額な請求に驚いた」という事態を招かないためにも、渡航前にしっかりと準備をしておきましょう。
今回はハワイで携帯電話を上手に使う方法と、携帯電話を使用するときのTipsをご紹介します。

ハワイで日本の携帯電話を使うことができるのか?

ハワイでは、日本の携帯電話を使うことができます。主な3つの方法を紹介しましょう。

1. 海外パケット定額サービス

普段使っているインターネット接続サービスや携帯電話などの通信サービスが、ハワイの通信業者の設備を使うことによりそのまま海外でも使えるサービスです。
電話番号が変わらず、使い慣れた自分の携帯電話が渡航先でも使えるのでとても便利です。
ただし国際ローミングは、通信費用が高額になる可能性があるので注意が必要です。

下記の通信会社は、ハワイに対応した海外パケット定額サービスを提供しています。
docomo:海外パケ・ホーダイ
Softbank:海外パケットし放題
au:海外ダブル定額

2. 携帯電話のレンタル

ハワイでの携帯電話のレンタルは、グローバルモバイルの「アロハトーク」がおすすめです。
ハワイへ渡航する前に、現地の携帯電話が受け取れる便利なサービスです。また空港に到着後、電源を入れればすぐに使えるようになるのでとても簡単です。
現地での発信・着信、日本への発信・着信ともに24時間かけ放題のお得な「携帯レインボープラン」もあります。

3.プリペイドSIMの購入

滞在期間が4日以上の方や、SIMフリーでMVNOを使っている方におすすめの方法です。SIMカードを入れ替えるだけで、国際ローミングやレンタルよりも安く済ませることができます。また滞在先であるハワイの電話番号が手に入る点もメリットです。

ハワイで使えるプリペイドSIMには、「ZIP SIM」「AT&T GoPhone」「H2O Wireless」があります。空港内ショップでもSIMカードの購入はできますが、プリペイドSIMの選択ができるアラモアナ・センターの「AT&T直営店」での購入をおすすめします。
また、プリペイドSIMの「ZIP SIM」や「H2O Wireless」は日本でも購入することができます。渡航前に日本国内で購入しておけば、空港に到着後すぐに使えるようになるので時間のロスが少なくすみます。

現地で携帯電話を使用するときの5つのTips

1. ハワイのホテルで携帯電話は充電可能!

ハワイのホテルなど宿泊地では、多くの場合日本から持って行く携帯電話と充電器で充電することが可能です。iPhoneなどの一般的な充電器は、日本の電圧(100V)とハワイの電圧(110-120V)両方に対応できるためです。また、ハワイのコンセントはほとんどの場合日本と同じ形状が使われているため、変換プラグを持っていく必要もありません。

2. 携帯のデータ通信機能をオフにする

ハワイ到着時に、自動的にデータ通信が行われることを防ぐ必要があります。自動的に現地の通信業者へ接続されることで、高額請求につながる可能性があります。
飛行機へ搭乗する前に必ずデータ通信機能をオフにしてください。そしてハワイ到着後は、パケット通信など自分の利用スタイルに合わせた設定を行います。

3. 運転中の携帯電話使用について

現地でレンタカーを借りる予定のある方は、運転中の規則についても注意が必要です。ハワイでは車の運転中、および信号待ちの一時停車中の携帯電話の使用は違法です。ただし、イヤホンマイクなどを使ったハンズフリーでの受信通話はOKです。

4. 盗難にはご注意

ハワイのビーチでは、基本的に自分の荷物は自分で管理しなくてはなりません。
比較的治安が良く、日本人観光客が多いといわれているハワイでも、荷物に貴重品を残して泳ぎに行っては危険です。そんなとき、防水スマホケースが便利です。ビーチで海に入るときは、携帯電話を防水ケースに入れて必ず肌身離さず持つようにしましょう。

【ご注意】
本内容は2016年12月現在の情報です。
各社が展開するサービスについては予告無く変更される場合がありますので、必ず公式ホームページで最新情報をご確認のうえ、利用を検討するようにしてください。

 

▼こちらもチェック
ハワイ旅行にあると便利な持ち物9選

SNSでフォローする