香港旅行

香港旅行ならお得なLCCで。メリット・デメリットは?

安く香港へ行けるLCC(格安航空会社)。複数の航空会社から直行便が多い設定されているのがうれしいところ。手荷物などのオプションを含めた値段と日程を考慮しながら、旅のスタイルにもっとも合うものを選びましょう。乗り継ぎ便ではトランジットにかかる時間も考慮して、お得に香港旅行を楽しみましょう。

香港へLCCでひとっ飛び!

LCCで自由自在に海外旅行

フライトとホテル選びは、旅の成功を大きく左右する大事な要素。とりわけLCCが登場してからは、フライトの選択肢が広がりました。

香港への直行便だけを見ても、現在LCCではバニラ・ジェットスター・ピーチ・香港エクスプレスなど複数の航空会社が運航中。日本での空港は、東京だけでなく関西国際空港や中部国際空港からも設定されており、しかも1日に複数便就航するなど選択肢は自由自在です。

地方空港からの乗り継ぎ設定も多いので、まずは旅行日程の検討からはじめるのが良いでしょう。

LCCのメリット

お手軽料金で香港旅行を楽しもう

LCCを利用する最大の魅力は、航空券代の安さ。季節やプロモーションなどにより、信じられないほど低価格でチケットを購入できることもあります。

空港ではセルフチェックインのことも多いのですが、基本的に難しいことをする必要はないため、結局手続きに手間がかからない、ということも大きなメリットとなるでしょう。

LCCのデメリット

香港へのフライト時間はそう長いわけではありません。しかし、移動を含めてラクジュアリーに過ごしたいといった場合、やはりANAやJALなど高いサービス力を持つ国内航空会社の存在も大きいのです。

各種サービスが有料

機内食などがないプランも

「手荷物が別料金」や「機内食が有料」など、運賃プランによってさまざまな条件がつけられることが大きなデメリットです。

機内預け荷物の場合、航空会社によっては手荷物1個・5kgまで無料とされているため、少しでも出費を減らしたいなら帰りの荷物も5kg以下になるように調整する必要があります。

しかし、たとえば食事は現地でおいしいものを食べたいもの。機内食などの不要なサービスでお金を取られるよりも、自分で必要なものを選ぶ方が合理的でお得でしょう。

深夜に到着する便もある

始発まで空港で足止めされることもあります

LCCでは便によって、夜に出発して夜明け前に到着するような設定もあります。その影響で日程がずれ込んでしまうこともある、と覚えておきましょう。

空港のカウンターが遠い

一般的にLCCのカウンターは、空港では端にあることが多め。その分空港内で移動しなければならず、予定よりも早めに行動する必要があります。少なくとも旅行中は、時間厳守を心がけましょう。

急な遅延や欠航も

LCCは基本的に、搭乗者が集まらない・機体が用意できないなどの理由で、遅延や欠航や行き先変更をする可能性があります。日本ではあまりないものの、このような理由で日程が変更してしまうことも覚えておきましょう。

乗り継ぎ便利用で一緒に観光も

香港への直行便を利用しない場合、手続きに必要な時間を考慮に入れれば、台湾など経由地での滞在を一緒に楽しむ、ということも可能です。

同様に、その他の地域へ行く際の経由地が香港の場合にも、香港観光は十分可能です。エアポートエクスプレスを使えば、香港島へ最速24分でアクセス。6時間以上あれば十分可能といわれますので、香港でおなかいっぱいにしてから旅の続きへ出発してみてはいかがでしょう。

※本記事の内容は、2016年10月時点の情報です。

あわせて読みたい

香港旅行を探す

更新日:2018/09/22

香港旅行を検索する

この記事のキーワード

香港の近隣の国

香港の海外旅行情報と格安航空券情報

ページトップへ