ニューヨーク旅行

【ニューヨーク公共図書館】基本情報と見どころまとめ

マンハッタンの中心部にあるニューヨーク公共図書館は、全米で2番目に大きい図書館です。20世紀初頭につくられたボザール様式の建築物は、国定歴史的建造物にも登録され、歴史的にも価値がある建物です。ゴージャスな読書室は、一見の価値あり。ギフトショップではお土産を買うこともできますよ。

ニューヨーク公共図書館はマンハッタンのど真ん中に

中心部からは徒歩圏内、歴史ある建築物のニューヨーク公共図書館

ニューヨーク公共図書館は全米で2番目に大きい図書館。3つの中央図書館と、分館、専門図書館などを含め約90カ所を有し、世界各国の蔵書をはじめ、文豪カポーティの草稿など歴史的に貴重な文献・資料を収蔵しています。

中でも最も有名で観光スポットとして外せないのが、マンハッタンのブライアントパークにある本館です。

立地とアクセス方法

市民の憩いの場ブライアントパークの敷地内に建っています

ニューヨーク公共図書館の本館は、繁華街ミッドタウンの5番街に位置します。緑豊かなブライアントパーク内にあり、市民の憩いの場としても有名なため、ショッピングの合間や一息つきたいときなどに訪れるのもおすすめです。

地下鉄の5番街(5th Ave)駅からは徒歩約1分。タイムズスクエアからもわずか800メートルほどの距離で、歩いて10分圏内です。

ニューヨーク公共図書館(New York Public Library)
  • 【URL】https://www.nypl.org/
  • 【住所】476 Fifth Avenue (42nd Street Entrance) New York
  • 【アクセス】地下鉄5番街(5th Ave)駅から徒歩約1分

ニューヨーク公共図書館の魅力

歴史のある美しい建築

格式高い建築様式で見ても楽しめます

1911年に完成した本館は、ヨーロッパの古典様式にならったアメリカンボザール建築。アメリカ合衆国国定歴史的建造物にも登録されている建築物です。3連アーチが印象的な正面玄関前には、シンボルでもある2頭のライオンが鎮座しています。

美術館や博物館のような内装

高い天井に自然光が差し込み雰囲気も抜群

館内は美術館や博物館のような重厚なつくりで、高い天井と大胆に多用した大理石、さらに天井画まで配したその内装は、クラシカルな雰囲気で一見の価値ありです。

本を開いているだけで絵になりそうなリーディングルーム

歴史的内装に認定されている、ローズ・メイン・リーディングルームとビル・ブラス・パブリック・カタログルームも見逃せません。

フレスコ画が描かれた天井にブロンズ製のシャンデリア、室内にはルネサンス様式のテーブルとイスが配置されていて、まるで映画のワンシーンのような光景です。大規模な修復工事が行われていましたが、2016年秋から一般に再公開され、実際に利用も可能です。

図書館でウェディング

本好きなあなたにおすすめしたい図書館ウェディング

ニューヨーク公共図書館は、実は映画やドラマのロケ地としても知られています。大ヒットドラマでは結婚式場としても登場しますが、実は一般の方でも図書館ウェディングを申し込めるそうです。料金はリクエスト内容によって算出してくれますよ。

ギフトショップでお土産探し

本も図書館グッズもお土産に最適

メインフロアの奥には、ギフトショップも併設。洋書や写真集などの書籍はもちろんですが、ステーショナリーやアクセサリーなども充実しています。

図書館の外観が描かれたトートバッグ、リーディングルームにあるイスのミニチュア、エントランスにいるライオンのブックエンドなどのオリジナルステーショナリーは、お土産に選べば喜ばれそうです。

※本記事は2017年10月時点の情報です

あわせて読みたい

ニューヨーク旅行を探す

更新日:2018/06/23

ニューヨーク旅行を検索する

アメリカのまとめ

ニューヨークの海外旅行情報と格安航空券情報

ページトップへ