海外航空券/格安航空券  >  海外旅行  >  アフリカ旅行  >  格安マダガスカル旅行(観光・ツアー・ホテル)予約

マダガスカル旅行ならDeNAトラベルにおまかせください。マダガスカルの観光、グルメ、お土産情報など、旅行におすすめの情報が満載!

マダガスカル 格安で行ける!お得なマダガスカル旅行情報が満載です。

マダガスカル行きの旅行を探す

マダガスカルの観光情報

見どころ

バオバブの並木道

マダガスカルの西部に位置するモロンダバ郊外には、「バオバブの並木道」と呼ばれる道が続いています。
平らな牧草地に突如現れる巨木バオバブの光景は、マダガスカル随一の観光名所となっています。

バオバブとはサバンナ地帯に分布する巨木で、高さは約30m、幹の直径は10mにも及びます。樹齢数百年から数千年ともいわれる木も珍しいものではなく、年月を感じさせる巨木が林立している様子はとても神秘的です。世界的人気童話『星の王子さま』にも登場するバオバブ、ぜひ自分の目で確かめてみてください。

こちらは現地ツアーへの参加がおすすめです。宿泊先のホテル等を通して参加してみましょう。

ベレンティ自然保護区

マダガスカル南東の町トラニャロ(フォートドーファン)から西に約80kmの場所にある「ベレンティ自然保護区」。

この保護区内にはキツネザルやカメレオン、コウモリ、カメなど多くの野生動物が生息しています。特に人気のキツネザルは昼行性のものから夜行性のものまで、さまざまな種類を保護区内で見かけることでしょう。

保護区内にあるSHTMによるガイドツアーが人気です。日本語ガイド、英語ガイドなどを依頼することもできます。内部には宿泊できるバンガローがありますので、ここに泊まってナイトサファリに参加するのもおすすめです。

世界遺産・自然遺産

アンブヒマンガの丘の王領地

2001年に世界遺産に登録された「アンブヒマンガの丘の王領地」。かつて首都アンタナナリボの北東で栄えたメリナ国がマダガスカルを統一した場所でもあります。

当時の王族は民衆から神のごとく崇拝されており、この地で神聖な儀式も引き続き行われていたため、アンタナナリボに首都が移ってからも神聖な場所とされていました。現在でもマダガスカルにおける信仰の聖地として、国内外問わず観光客が訪れています。

アツィナナナの雨林

マダガスカルの6つの国立公園にまたがる広大な森林地帯「アツィナナナの雨林」は、6000万年以上前に起きた大陸形成の歴史を語る上でとても貴重な場所です。多様な生態系や絶滅危惧種の動物が多く生息することから、2007年に世界遺産に登録されました。

生息する動植物の80〜90%は固有種で、マダガスカルに生息する120種以上の哺乳類のうち、この雨林には78種類がすんでいるといわれます。さらにそのうちの72種類は、絶滅危機にひんする貴重な動物たちです。

密漁等の影響で生態系が脅かされていることから、2010年には危機遺産リストにも指定されました。

名物グルメ

アクーソシ

アクーソシは、マダガスカルのほとんどの食堂で注文できる定番のおかずです。骨付きの鶏肉をトマトソースでホロホロに煮込んだ料理で、マダガスカルでも主食の米との相性は抜群です!
鶏肉を日本の水炊きのように、たっぷりのスープで煮込んでつくる「アクールー」も、地元マダガスカルの人たちに人気の料理です。

ムフガシ

マダガスカルの朝食の定番といえば「ムフガシ」。米粉と水を合わせ、ほんのり甘みをつけた生地を大きめのたこ焼き器のような道具で焼く、菓子パン的存在です。

ふっくらもちもちした食感はやみつきになる人も多いとか。朝食以外にも軽食やおやつとしても人気があり、路上で見つかるムフガシ屋さんには毎日たくさんの人が集まっています。苦味のあるコーヒーと一緒に食べるのが定番です。

人気のお土産

天然バニラ

マダガスカルの特産品バニラはお土産にも人気です。
日本ではとても高価で手が出ないという人も、現地へ行けば屋台などで安く見つかります。マダガスカルは世界の約7割ものバニラを生産しているち言われ、香り・品質ともに世界最高級と言う称号を獲得しています。

バニラはお菓子だけでなく、砂糖つぼに入れておけばバニラの香りが移るので、手軽にバニラシュガーを作ることもできますよ。

マダガスカルの旅行特集を探す

マダガスカルの基本情報

アフリカ大陸の南東部沖約400kmの場所に位置する島国マダガスカルは、世界で4番目の大きさを誇る島として知られています。マダガスカルの魅力はなんといってもその生態系の豊かさ!生物多様性や絶滅危惧種の動物が多数生息することから、世界的にも注目されている国です。世界遺産に登録されている広大な熱帯雨林や自然保護区などを目当てに、世界中から多くの観光客が訪れています。

正式国名 マダガスカル共和国
面積 587,041平方キロメートル
人口 2,424万人(2015年、世界銀行調べ)
首都 アンタナナリボ
言語 マダガスカル語、フランス語
通貨 マダガスカル・アリアリ(以下、MGAと記載)

クレジットカードは都市圏以外あまり普及していないため、現金払いを心がけましょう。両替については、日本国内でドルまたはユーロに両替後、現地で適宜MGAに両替するのがおすすめです。
物価 1MGA=¥0.04(2017年1月現在)
マダガスカルの物価は日本と比べるととても安く感じます。500mlのビールは1,800MGA程度、屋台で食事をする場合は、小皿料理が200MGA、串焼きは1本100MGA、スープは200MGA程度の価格で見つける事ができます。
チップ マダガスカルにはチップの習慣があります。
ホテル
ポーターに荷物を運んでもらったら500MGA程度が相場です。

レストラン
飲食代にサービス料が含まれていない場合は、2,000から5,000MGA程度が相場です。
一般的な食堂などではチップ不要です。

ツアードライバー
終日ツアーの場合、ドライバーには10,000MGA程度が相場です。

※チップの金額はあくまで目安となります。ご了承ください。
時差 マイナス6時間
飛行時間 直行便は無く、乗継便のみ。
乗り継ぎの場所によって飛行時間は大きく異なります。
シンガポール・ヨハネスブルグ経由で、乗り継ぎ時間を含めない飛行時間は20時間30分〜
ビザ ビザの要否やパスポートの残存有効期間はこちらのページからご確認ください。

気候 マダガスカルの気候は地域によって異なります。
アンタナナリボのある中央部は年間を通して涼しく、過ごしやすいです。東部は熱帯気候で高温かつ多湿、逆に西部は乾燥が続きます。南西部は乾燥しており、砂漠化が進行しています。
ベストシーズン 地域によって大きく異なりますが、5〜9月はどこも乾季で過ごしやすい気候です。アンタナナリボなどがある中央部は6〜8月にかけて冷え込むため、服装には気をつけましょう。
日本国内大使館 【住所】
東京都港区元麻布2丁目3-23

【電話番号】
03-3446-7252

【URL】
http://madagascar-embassy.jp/japanese/index_jp.html
国際電話番号 261

マダガスカルの日常会話

男性への呼びかけ Monsieur(ムッスィユー)
女性(既婚)への呼びかけ Madame(マダム)
女性(未婚)への呼びかけ Mademoiselle(マドモワゼル)
こんにちは Bonjour(ボンジュール)
さようなら Au revoir(オ ルヴォワール)
ありがとう Merci(メルシ)
お願いします S'il vous plait(スィル ヴ プレ)
すみません Pardon(パルドン)
はい Oui(ウィ)
いいえ Non(ノン)
わかりません Je ne comprend pas(ジュ ヌ コンプラン パ)
私の名前は○○○です Je m'appelle ○○○(ジュ マペール○○○)
(トイレはどこですか? Ou sont les toilettes?(ウ ソン レ トワレット?)

マダガスカルの主要都市を探す

マダガスカルの近隣の国を探す

DeNAトラベルのお得な海外旅行を探す

おすすめ旅行情報

エリアから海外旅行情報を探す

  • アジア
  • ヨーロッパ
  • 中米・カリブ
  • 北米
  • 南米
  • ミクロネシア
  • オセアニア
  • アフリカ
  • 中近東
ページトップへ